アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
コミュニティー参加方法について
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ゆったり犬が絶賛してるETFがございます。
日本株は投資していないんですが、投資をするならばという話をすれば、これに投資をします。
JPX日経インデックス400とJPX日経中小型株指数に連動するETFです。

いろんなご意見はあるでしょうが、私はかなり指示しております。
日本株に投資する中で、比較的手堅く、成績を残せる投資先だと考えます。
日経平均株価やTOPIXはないかな。

おさらいも兼ねて、概要を確認しましょう。
JPX日経インデックス400の概要
【選定基準】
以下の手順及び基準に従い、銘柄選定を行います。

スクリーニング ① 適格基準によるスクリーニング
下記のいずれかに該当する場合は銘柄選定の対象としない。
・上場後3年未満(テクニカル上場を除く)
・過去3期いずれかの期で債務超過
・過去3期すべての期で営業赤字
・過去3期すべての期で最終赤字
・整理銘柄等に該当

② 市場流動性指標によるスクリーニング
上記を除く全対象銘柄の中から、以下の2項目を勘案し、上位1000銘柄を選定。
・直近3年間の売買代金
・選定基準日時点における時価総額

定量的な指標によるスコアリング
(1)により選定した1000銘柄に対して、以下の各3項目にかかる順位に応じたスコアを付与します(1位:1000点~1000位:1点)。その後、各3項目のウェイトを加味した合計点によって総合スコア付けを行います。(ROEと営業利益はスコア付けに際しての取扱いあり)
・3年平均ROE:40%
・3年累積営業利益:40%
・選定基準日時点における時価総額:20%

定性的な要素による加点
(2)のスコア付けの後、以下の3項目を勘案してスコアの加点を行います。
この加点は、(2)の定量的な指標によるスコアリングに対する補完的な位置づけです※。
・独立した社外取締役の選任(2人以上)
・IFRS採用(ピュアIFRSを想定)または採用を決定。
・決算情報英文資料のTDnet(英文資料配信サービス)を通じた開示
※(2)の総合スコアのみによって選定を行った場合との差異が最大でも10銘柄程度となるような加点規模です。

構成銘柄の決定
(3)の加点の後、スコアが高い順に400銘柄を選定し、構成銘柄とします。

【バッファルール】
前年度採用銘柄に優先採用ルールを設けます。
前年度採用銘柄については、スコアが440位以内であれば、継続採用されます。

【銘柄入替】
毎年6月最終営業日を選定基準日とし、毎年8月第5営業日に入替銘柄を公表のうえ、毎年8月最終営業日に銘柄定期入替を実施します。
つまり、 日本で稼ぐのがうまい企業の集まりがJPX日経インデックス400です。

そしてもひとつ。
JPX日経中小型株指数の概要
【選定基準】
以下の手順及び基準に従い、銘柄選定を行う。

スクリーニング
① 適格基準によるスクリーニング
下記のいずれかに該当する場合は銘柄選定の対象としない。
・上場後3年未満(テクニカル上場を除く)
・過去3期いずれかの期で債務超過
・過去3期すべての期で営業赤字
・過去3期すべての期で最終赤字
・整理銘柄等に該当

② 大型株の除外
上記①の銘柄から、基準日における時価総額順位が上位20%以内となる大型銘柄を除外する。ただし、基準日においてJPX日経中小型株指数算出対象銘柄については、上位18%以内の銘柄のみを除外する。

③ 市場流動性指標によるスクリーニング
上記②の銘柄から、基準日から起算して直近1年間の売買代金合計額が150億円以下の銘柄及び基準日における時価総額が100億円以下の銘柄を除外する。ただし、その結果として選定対象候補となる銘柄数が500銘柄に満たない場合、500銘柄を超えるまで売買代金及び時価総額の基準を10億円刻みで引き下げる。

定量的な指標によるスコアリング
(1)により選定した銘柄に対して、以下の項目に基づいてそれぞれの順位スコアを付与した上で、以下の比率で合算し、総合スコアを算出する。
・3年平均ROE:70%
・3年累積営業利益:30%

定性的な要素による加点
(2)のスコア付けの後、以下の定性3項目を勘案してスコアの加点を行う。
定性項目による加点は、総合スコアのみによる選定の場合との差異が最大でも10銘柄程度となるように設定する。
・独立した社外取締役の選任(2人以上)
・IFRS採用または採用の決定を公表
・決算情報英文資料のTDnet(英文資料配信サービス)を通じた開示

構成銘柄の決定
(3)の加点の後、上位200銘柄を構成銘柄とする。ただし、定期入替においては、基準日におけるJPX日経中小型株指数算出対象銘柄のうち、スコア順位が250位より低い場合に除外し、非採用銘柄のうち、スコアが高い順に200銘柄となるよう補充する。

【銘柄入替】
毎年6月最終営業日を選定基準日とし、毎年8月第5営業日に入替銘柄を公表のうえ、毎年8月最終営業日に銘柄定期入替を実施する。
こちらは小型株での日本で稼ぐのがうまい企業の集まりです。

それでは、実際どのような銘柄に投資をしているのか。
JPX日経400の組れ銘柄
1 トヨタ自動車 1.54%
2 日本電信電話  1.51%
3 ソニー 1.48%
4 本田技研工業 1.47%
5 KDDI 1.46%
6 キーエンス 1.44%
7 ソフトバンクグループ 1.44%
8 三井住友フィナンシャルグループ 1.38%
9 みずほフィナンシャルグループ 1.35%
10 武田薬品工業 1.32%
11 三菱UFJフィナンシャル・グループ 1.30%
12 日本たばこ産業 1.30%
13 ファナック 1.20%
14 キヤノン 1.15%
15 東日本旅客鉄道 1.07%
16 三菱商事  1.04%
17 NTTドコモ 1.03%
18 信越化学工業 1.01%
19 日立製作所 1.01%
20 セブン&アイ・ホールディングス 1.00%

有名どころばかりでしょうかね。
仕方ないところはありますが、面白いのは日経平均株価では有名なファーストリテイリングがいません。
私はバランスが取れていると判断しております。

JPX日経中小型株指数の組れ銘柄です。
1東京精密 精密機器 1.63%
2 アンリツ 電気機器 1.43%
3 ナカニシ 精密機器 1.29%
4 カナモト サービス業 1.27%
5 ニチハ ガラス・土石製品 1.25%
6 不二越 機械 1.24%
7 岡三証券グループ 証券、商品先物取引業 1.23%
8 日本写真印刷 その他製品 1.16%
9 三井住友建設 建設業 1.13%
10 エス・エム・エス サービス業 1.13%
11 兼松 卸売業 1.11%
12 東京製鐵 鉄鋼 1.10%
13 プリマハム 食料品 1.09%
14 ユニプレス 輸送用機器 1.09%
15 興銀リース その他金融業 1.07%

知らない銘柄も多いのではないでしょうか。
ほぼ東証一部銘柄のため、珍しくはないんですが、知名度が若干落ちますかね。
面白い銘柄がいるのがわかります。

皆さんはどのように感じたでしょうか。
私はかなり指示しております。
まだ誕生して日が浅いですが、面白い投資対象だと考えます。
それでは、また


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」 ゆったり犬お勧めクレジットカード ゆったり犬お勧め海外旅行用クレジットカード
スポンサーサイト
2017/09/20 23:53 日本の時事 TB(0) CM(0)
私が絶賛しております、JPX日経インデックス400とJPX日経中小型株指数。
おさらいも兼ねて、概要を確認しましょう。
JPX日経インデックス400の概要
【選定基準】
以下の手順及び基準に従い、銘柄選定を行います。

スクリーニング ① 適格基準によるスクリーニング
下記のいずれかに該当する場合は銘柄選定の対象としない。
・上場後3年未満(テクニカル上場を除く)
・過去3期いずれかの期で債務超過
・過去3期すべての期で営業赤字
・過去3期すべての期で最終赤字
・整理銘柄等に該当

② 市場流動性指標によるスクリーニング
上記を除く全対象銘柄の中から、以下の2項目を勘案し、上位1000銘柄を選定。
・直近3年間の売買代金
・選定基準日時点における時価総額

定量的な指標によるスコアリング
(1)により選定した1000銘柄に対して、以下の各3項目にかかる順位に応じたスコアを付与します(1位:1000点~1000位:1点)。その後、各3項目のウェイトを加味した合計点によって総合スコア付けを行います。(ROEと営業利益はスコア付けに際しての取扱いあり)
・3年平均ROE:40%
・3年累積営業利益:40%
・選定基準日時点における時価総額:20%

定性的な要素による加点
(2)のスコア付けの後、以下の3項目を勘案してスコアの加点を行います。
この加点は、(2)の定量的な指標によるスコアリングに対する補完的な位置づけです※。
・独立した社外取締役の選任(2人以上)
・IFRS採用(ピュアIFRSを想定)または採用を決定。
・決算情報英文資料のTDnet(英文資料配信サービス)を通じた開示
※(2)の総合スコアのみによって選定を行った場合との差異が最大でも10銘柄程度となるような加点規模です。

構成銘柄の決定
(3)の加点の後、スコアが高い順に400銘柄を選定し、構成銘柄とします。

【バッファルール】
前年度採用銘柄に優先採用ルールを設けます。
前年度採用銘柄については、スコアが440位以内であれば、継続採用されます。

【銘柄入替】
毎年6月最終営業日を選定基準日とし、毎年8月第5営業日に入替銘柄を公表のうえ、毎年8月最終営業日に銘柄定期入替を実施します。
つまり、 日本で稼ぐのがうまい企業の集まりがJPX日経インデックス400です。

そしてもひとつ。
JPX日経中小型株指数の概要
【選定基準】
以下の手順及び基準に従い、銘柄選定を行う。

スクリーニング
① 適格基準によるスクリーニング
下記のいずれかに該当する場合は銘柄選定の対象としない。
・上場後3年未満(テクニカル上場を除く)
・過去3期いずれかの期で債務超過
・過去3期すべての期で営業赤字
・過去3期すべての期で最終赤字
・整理銘柄等に該当

② 大型株の除外
上記①の銘柄から、基準日における時価総額順位が上位20%以内となる大型銘柄を除外する。ただし、基準日においてJPX日経中小型株指数算出対象銘柄については、上位18%以内の銘柄のみを除外する。

③ 市場流動性指標によるスクリーニング
上記②の銘柄から、基準日から起算して直近1年間の売買代金合計額が150億円以下の銘柄及び基準日における時価総額が100億円以下の銘柄を除外する。ただし、その結果として選定対象候補となる銘柄数が500銘柄に満たない場合、500銘柄を超えるまで売買代金及び時価総額の基準を10億円刻みで引き下げる。

定量的な指標によるスコアリング
(1)により選定した銘柄に対して、以下の項目に基づいてそれぞれの順位スコアを付与した上で、以下の比率で合算し、総合スコアを算出する。
・3年平均ROE:70%
・3年累積営業利益:30%

定性的な要素による加点
(2)のスコア付けの後、以下の定性3項目を勘案してスコアの加点を行う。
定性項目による加点は、総合スコアのみによる選定の場合との差異が最大でも10銘柄程度となるように設定する。
・独立した社外取締役の選任(2人以上)
・IFRS採用または採用の決定を公表
・決算情報英文資料のTDnet(英文資料配信サービス)を通じた開示

構成銘柄の決定
(3)の加点の後、上位200銘柄を構成銘柄とする。ただし、定期入替においては、基準日におけるJPX日経中小型株指数算出対象銘柄のうち、スコア順位が250位より低い場合に除外し、非採用銘柄のうち、スコアが高い順に200銘柄となるよう補充する。

【銘柄入替】
毎年6月最終営業日を選定基準日とし、毎年8月第5営業日に入替銘柄を公表のうえ、毎年8月最終営業日に銘柄定期入替を実施する。
こちらは小型株での日本で稼ぐのがうまい企業の集まりです。

実際の運用成績はどうなのか気になるんではないでしょうか。
JPX日経インデックス400は誕生から3年たちますから、それなりに判断の材料がございます。
JPX日経中小型株指数は誕生したばかりですから、比較は無理でしょうね。

それでは、3年の運用成績が日経平均株価とTOPIXと比較してみましょう。
野村証券が日経平均株価とTOPIXとJPX日経インデックス400に連動するETFを扱っておりますから、それを活用いたします。

TOPIX連動型上場投資信託
1年 24.88%
3年(年率) 9.96%

日経225連動型上場投資信託
1年 22.26%
3年(年率) 10.17%

(NEXT FUNDS) JPX日経インデックス400
1年 23.47%
3年(年率) 8.96%

何とも言い難い結果です。
まだ3年という言い方をできますが、年率で1%の差がついております。
思っていたより、差がついている。

長期で見ないと判断できないと思いますが、それにしてもね。
まさか、負けるとは。
それでも、私は支持します。

きっと巻き返してくれるはず。
もう一つのJPX日経中小型株指数も注目したいと思います。
比較対象をどれにするかも考えないといけないんですけどね。
それでは、また


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」 ゆったり犬お勧めクレジットカード ゆったり犬お勧め海外旅行用クレジットカード
2017/09/17 23:10 日本の時事 TB(0) CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!