アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
コミュニティー参加方法について
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
昨日もイタリアの選挙のことを書きました。
韓国や中国や北朝鮮と一緒で、何かと問題を抱えているユーロ圏。
ユーロ圏に関しては、財政という問題で苦しんでおりますが、世界経済に影響を及ぼしている。

イタリア選挙後に、市場は敏感に反応。
イタリア国債の価格は下落、つまりイタリア国債の金利上昇。
イタリア株価も下落。

イタリア人の選択に、世界のから市場に対する対応は、NOだった。
財政再建派が、過半数を取れず、日本と同じようにねじれが生じた。
政治が混乱し、財政再建が進みにくい状態になったわけだ。

今回イタリアの有権者の多くの票を獲得した人物に注目が集まっている。
イタリアの有権者の半数以上がこの注目される2人に集まっている。
その二人は、コメディアンと揶揄されている。

1人は本物のコメディアンであり、市民団体「五つ星運動」率いるベッペ・グリッロ氏。
もう1人はイタリアを崖っぷちに追い詰めたベルルスコーニ元首相だ。
この二人のコメディアンの特徴は、両者とも何と反ユーロを掲げている。

今回の選挙はギリシャの重なる。
政治的混乱により、経済が縮小し、債務が膨らむ。
最後は、再選挙をまた行う。

見事にギリシャの後を追いそうな感じだ。
2013年のイタリアの国内総生産(GDP)が、昨年に続いてマイナス成長になると予測した。
公的債務残高は年末までに対GDP比128%に達する見込みだ。

ユーロの危機は、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の「ユーロを守るためには、何でもやる」と言う発言で鎮静化していた。
安倍総理大臣のアベノミクスのより、円安が進んでおりユーロの不安が表面化していなかった。
しかしながら、イタリアの選挙結果がユーロ安の引き金を引いた。

投資家の反応は敏感で、イタリアの10年物国債の利回りは26日午前、0.4ポイント上昇して4.7%となった。
周辺の同様な問題を抱えているスペイン国債の利回りも、この影響を受ける形で0.2ポイント上昇し5.3%となった。
危険水域と言われる7%まではまだ若干余裕があるが、時間の問題だろう。

今回の選挙で問題なのは、だれが首相になるかではなく、安定した政権ができなかったことである。
政治の混乱は、そのまま国民に広がる。
決まらない政治ほどたちの悪ことはない。
日本国民が最もわかっていることだろう。

イタリアの下院では、僅差で中道右派連合に勝利した中道左派連合。
しかしながら、イタリアの上院では過半数を獲得した勢力はなかった。
日本と同じようにねじれの完成だ。

これから考えられる政治の運営は、2つある。
1つは、全く違う考えの政党の連立。
日本ではないから、これは無理でしょうね。
主張が全く違う。

もう1つは、ギリシャと同じ道を歩む。
つまり、再び総選挙。
可能性は高いが、やったところで、独立政権ができるとは考えにくい。

時間が経てば、経つほど問題解決は難しくなる。
債務は積み重なるし、国債金利は上昇する。
国外への資本逃避は避けられないだろう。

欧州中央銀行(ECB)は無制限の国債購入を決定しているが、イタリアが受けられるか非常に難しい。
条件として、ユーロ圏諸国と改革案の合意に至った国に限るという条文がある。
イタリアが改革案を同意することができるだろうか。

できるのならば、きっと財政再建派が単独で政権を取っていたはずだ。
国民にお金をばらまくと発言して、政権を奪回しようとしていたという噂も上がっており、そのような政党が伸びたと思うと、国民の意思が低いのかもしれない。
他国のことを言える立場ではないのは、言うまでもないが、現状で厳しいのは、日本よりイタリアだ。

早期に解決しなければ、きっと世界広がるだろう。
問題の解決の意図が見えてこない、ユーロ諸国の財政問題。

政治家の無策は、必ず国民につけが回ってくる。
国民がきちんとした政治家を選ばない限り、苦しむのは国民だ。
必ず、選挙にはいってほしものです。
それでは、また


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
関連記事
スポンサーサイト
2013/02/27 23:44 世界の時事 TB(0) CM(0)
本日は投資ですごいことになった人が多いのではないだろうか。
このように書いている私もそうなんだが、かなりの資産下落に見舞われた。
イタリアの選挙結果が、世界経済を動かしたと思うと非常に不思議だ。

本日イタリアの総選挙の結果が出た。
まずはじめに、イタリアの選挙制度の話。
イタリアは、上院議員の共和国元院老と下院議員の代議院があります。

選挙方法は、完全比例代表制。
人を選ぶのではなく、政党を選びます。
一度選挙改正がされ、日本と同じように小選挙区と比例代表制をやっておりましたが、再び改正され、現在の完全比例代表制を採用しております。

下院議員の代議院では、得票率が首位となった政党(政党連合)が340議席(定数の約54%)に達しなかった場合、340議席が無条件に与えられる制度を採用している。
上院議員の共和国元老院では、各州ごとに得票率首位の政党(政党連合)に、その州に配分される議員の55%が与えられる。
政党によって政治が動くシステムとなっている。

気になる、イタリアの選挙結果です。
モンティ暫定首相(69)の財政再建路線の継続を掲げる中道左派連合が下院の代議院(定数630)で過半数の340議席を獲得した。
上院の共和国元院老(終身議員を除く選出議員定数315)は過半数を大きく下回る。
日本と一緒のねじれの完成だ。

細かく見てみよう。
下院の代議院では、ベルサーニ民主党書記長(61)率いる中道左派連合が得票率29.54%で首位を獲得。
第1勢力に与えられる「ボーナス議席」を得て定数の約54%にあたる340議席を確保した。

上院の共和国元院老では、ベルルスコーニ前首相(76)の自由国民を軸とする中道右派連合が124議席(得票率29.18%)を獲得するも、既成政党批判を展開するコメディアン、ベッペ・グリッロ氏(64)の政治団体「五つ星運動」は108議席(25.55%)と躍進。
財政再建慮線で一致するモンティ氏の中道勢力連合は45議席(10.56%)となった。

上院の共和国元院老は下院の代議院と異なり、ボーナス議席が20の州(選挙区)ごとに配分される仕組みとなっている。
それにより、財政再建路線の中道左派連合113議席(31.63%)と中道勢力連合18議席(9.13%)を合わせても、過半数獲得していない。
下院議員の代議院で過半数獲得するも、上院議員の共和国元院老で過半数取れず、日本同様ねじれ国会となる。

財政再建を試みていたイタリア政府にとっては、難しいかじ取りとなった。
国民が賛成しているともとれるし、反対しているとも取れる選挙結果に。
財政再建が非常に難しくなるでしょうね。

PIGSのメンバーのイタリアが、やっぱりユーロを揺さぶる。
ギリシャよりも先に問題が生じるかもしれない。
ギリシャのことが報道されていないだけかもしれませんけどね。

日本では、アベノミクスの安倍総裁の活躍により、予想以上に株高と円安が進んでいた。
その矢先の、ユーロのイタリア財政再建を国民に問う総選挙。
イタリア政府にとっては、難しいかじ取りに。

株価と為替が、イタリアの総選挙結果に敏感に反応する。
ユーロが売られ、安全資産の円が買われる。
イタリアの財政不安により、アメリカ株大幅下落、それに引きずられるように、日本株も大幅下落。

しかも今回躍進した、ベッペ・グリッロ氏(64)の政治団体「五つ星運動」はユーロ残留の是非を問う国民投票の実施を主張している。
イタリアがユーロから抜けるかもしれない。
ユーロにいる限り、イタリアはお金を好き勝手に刷ることができない。

ユーロを抜ければ、いいか悪いかは別にして、自国通貨安が可能となる。
日本がやろうとしていることが可能となる。
イタリアがユーロから抜けるとどうなるでしょうね。

悪い膿が抜けたと捉え、ユーロが上昇するでしょうか。
イタリアのユーロ離脱が始まりで、ユーロの空中分解によりユーロの価値が下落するでしょうか。
予想するのが非常に難しくなった。

日本の株高と円安の報道で、ユーロ圏の話がほとんどあがってこないが、やっぱり解決は全く果たされていない。
問題はこれからだろう。
長期投資家を自負している者としては、優良株のかなりの買い場だと判断している。

苦しい時こそ、きちんとしている会社は次の上昇に備えて準備をする。
みんなが上昇する時、他の企業よりも上昇が大きくなる。
企業の選別が大切な時が来ている。

長期投資家ならば、下落した時に嘆くのではなく、下落した時に安く買えると胸を張るべきだ。
資産下落で嘆くのではなく、資産購入チャンスが訪れたと喜ぶべきだ。
言うのは簡単ですが、やるのは難しいですけどね。
それでは、また


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
関連記事
2013/02/26 22:10 世界の時事 TB(0) CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!