アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
5月も終わりましたので毎月恒例の5月分の運用成績を発表したいと思います。
個別銘柄から発表します。
ドル購入平均レート:80.09円(0.25円購入手数料込)
バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)平均購入額:66.56ドル
投資金額ドル換算損益率:プラス28.3050%
投資金額円換算損益率:プラス61.9121%


ドル購入平均レート:88.57円(0.25円購入手数料込)
iシェアズFTSE EPRA/NAREIT先進(米外)不動産インデックス・ファンド(IFGL)平均購入額:33.37ドル
投資金額ドル換算損益率:マイナス0.0218%
投資金額円換算損益率:プラス14.0864%


ドル購入平均レート:103.16円(0.25円購入手数料込)
マーケット ベクトル 中小型金鉱株ETF(GDXJ)平均購入額:11.63ドル
投資金額ドル換算損益率:プラス6.1611%
投資金額円換算損益率:プラス4.0005%


気になる私のポートフォリオの運用成績発表です。
分配金を含んだ運用成績となっております。
投資金額ドル換算損益率:プラス30.5490%
投資金額円換算損益率:プラス64.1330%


今月から、運用成績に新しい仲間が仲間入り。
マーケット ベクトル 中小型金鉱株ETF(GDXJ)が新しい仲間に加わりました。
一番最初ですから、マイナススタートになると思いましたが、意外な健闘。

その代わりと言ってはなんですが、アメリカ以外の不動産であるiシェアズFTSE EPRA/NAREIT先進(米外)不動産インデックス・ファンド(IFGL)の価格が落ち始めました。
若干気になるところでしょうか。
購入した金額に戻っているだけなんですが、やはりアメリカの長期金利上昇が影響がると思われます。

今週は日本株式市場が大きく揺らぎました。
1週間だけで、なんと日本株式市場で2000円の大幅下落。
時価総額45兆円近くがどこかに行きました。

皆さんの資産はどうだったでしょうか。
個別銘柄だともっと動いたはずですからね。
私も円高で影響がございましたが、結果的には前月よりも資産が10%近く増えました。

運用成績としては、非常に満足できる結果です。
今月はバンガード トータルストックマーケットETF(VTI)の配当も控えておりますから、更なる運用成績が得られると思っております。

6月の上旬あたりに、追加投資を行う予定です。
予想としては、新しい追加メンバーではなく、現在稼働中のメンバーの追加投資をなると思います。
長期金利が上昇していると言っても、未だに高値状態。

不動産か買うも若干下落しておりますが、未だに高いと判断。
よって、バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)かiシェアズFTSE EPRA/NAREIT先進(米外)不動産インデックス・ファンド(IFGL)のどちらかを購入する予定。
きちんと購入しましたら、改めて報告させて頂きます。

今日も、バンガード トータル ワールド ストックETF (VT)とバンガード トータルストックマーケットETF (VTI)を比較したいと思います。世界の株に投資をするか、アメリカ株だけに投資をするかの比較のためです。年初に投資をしたらどのくらいのリターンになったかを書いていこうと思います。つまり、5ヶ月のリターンです。
バンガード トータル ワールド ストックETF (VT)プラス10.1573%
バンガード トータルストックマーケットETF (VTI)プラス17.0442%


差が開きました。
7%ぐらいの差が開きました。
欧州が悪いのか、それともアメリカの株式市場が元気なんでしょうね。
過去最高を記録しているようですから。

今回も運用成績で私が唯一個人株主をやっているフェイスブックの運用成績も追いかけております。
私にとっては、宝くじ感覚で買っておりますので、そこまで大きく望んでおりません。
それでは、発表いたします。

ドル購入平均レート:78.61円(0.25円購入手数料込)
フェイスブック(FB)購入額:29.62ドル
投資金額ドル換算損益率:マイナス17.1208%
投資金額円換算損益率:プラス6.5349%


若干改善しました。
気長に待ちましょうかね。
宝くじ感覚です。

本日より、日本の裏切り者と揶揄されておりしたので私が唯一運用方針に共感した投資信託を購入いたしましたので、今回からその運用成績も発表したいと思います。
日本株ロボット運用投信 (カブロボファンド)
購入平均基準価格:11072円
投資金額円換算損益率:マイナス2.44%


日本株が大きく下落したましたので、マイナス成績は仕方がないでしょうね。
それでも、かなりの健闘と思っております。
全部の資産を株に投資する方法ではないので、その分下落が抑えることができたと言えます。

下落局面に非常に強い投資信託ですね。
その分上昇に弱いという言い方もできますがね。
現状の株価が乱高下している局面で、どのような運用成績が出せるのか身をもって注目したいです。
それでは、また


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
関連記事
スポンサーサイト
2013/05/31 22:47 運用成績 TB(0) CM(0)
本日は世界的に問題となっております、政府の借金の話です。
日本では言うまでもないでしょうが、たくさんの借金を抱えている。
よくテレビや財務省や財務相に操られている政治家が日本の借金はすごいことになっていると自慢にもならないことをあたかも自慢するかのように発言をしている。

この意見に関しては、非常に疑問に思っているがここで細かく書くのはやめておこう。
しかしながら、黙ってはいられない。
政府の借金であって、国民の借金ではない。

よく、国民一人当たりの借金額を言っているが、あれは政府の借金であって、国民の借金ではない。
なぜ、国民一人当たりの借金という言葉を使うのか。
国民は、国に対してお金を借りているのではなく、むしろ国債を買って国にお金を貸しているのだから、この表現はおかしい。

資金偽繰りを困っているのは、国であり、国民ではない。
その国民に対して、資金繰りに困った国が、なぜか税金を勝手に上げようとしている。
「商品が売れないから、値上げするね」とお店が言っているようなもの。

明らかに、売れる商品が減り、また税収入が減ると予想する。
販売者の一方的な考えで、購入者の選択肢を狭める。
悪循環にしか私は思えてならない。

話はずれてしまいましたが、政府の借金を苦しんでいるのは、日本だけではないわけです。
キプロスやギリシャ、アイルランド、イタリア、スペインと数多くの欧州国が財政で苦しんでいる。
きつい言い方をすれば、当然の流れなんだが、やはり他人事とは言い難い。

そのような政府の財政に苦しんでいる国で真剣に討論されていることがある。
それが「Debt Jubilee(デット・ジュビリー)」です。
債務免除または徳政令という考え方です。

どうももともとは、旧約聖書に出てくる50年に一度すべての奴隷を解放し、借金を免除するというもので、現在は貧困国への債務免除などで言及されることがあるそうです。
この「Debt Jubilee(デット・ジュビリー)」が今の政府の財政危機に応用できないか、真剣に討論のネタになっているそうです。

やり方は非常にシンプルです。
国の中央銀行が大量の資金を創出する。
その大量の資金で、自国の国債を買い集める。

当然、国の中央銀行には、資産として大量の自国の国債。
負債としては、自分が大量に創出した紙幣がたまる。
後は、国の中央銀行が資産と債務を帳消しにすればいい。

そうると、なんと誰にも迷惑をかけることなく、政府の借金が消える。
資産と債務を同時に消すので、国の中央銀行は赤字にならない。
国の中央銀行は、もともと何もないところから魔法を使うかのように、お金を刷ることが可能。

だれか損をしないのか考えてみよう。
国は何もしないで借金が消える。
国民や投資家は国債を所有しませんから、なんと損をしない。

なんと誰も損をしない。
なんとういう奇策でしょうか。
残念ながら、これで終わるわけがないわけです。

大量のお金を作り出せば、出回るお金の数が増える。
当然、通貨安を招く。
日本で言えば、円安でしょうか。

間違いなく、物価上昇を招くでしょうね。
制御できる物価上昇なればいですが、丸の数が大量に並びそうな気がする。
やった国がいないので、どうなるか全く想像できない。

しかしながら、それに近いことをやっている国が言います。
なんとそれが、我が国日本。
先程の「Debt Jubilee(デット・ジュビリー)」とは違いますが、現在黒田日銀総裁がやっている異次元的な金融政策(バズーカ砲)は、それに近いものです。

中央銀行が巨額の国債を買い集めて残高を維持し続ける。
そして政府の利払い負担をなるべく軽減できるように金利水準を低く維持する方法。
現在日本がやっていることではありませんか。

2014年までに日銀のバランスシートを100兆円膨らませ、金利を極めて低い水準に保ちながら、国債残高を半永久的に維持し続けると、日本の債務が何と100兆円減らす効果がある。
やっていることは、「Debt Jubilee(デット・ジュビリー)」をマイルドにした感じ。

国民が嫌がる大増税や歳出削減をしない方法として、世界が取り組んでいる方法。
しかしながら、かなり危険な綱渡り。
ホントにこのままうまくいくのだろうか。

世界的に量的緩和をし続けているようなもの、物価上昇を調節できるのだろうか。
ますます、お金の信用性が薄くなりそうだ。
お金に執着する必要があるのか、今一度見直すべきかもしれない。
それでは、また


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
関連記事
2013/05/30 22:38 世界の時事 TB(0) CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!