アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
コミュニティー参加方法について
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
10月も終わりましたので毎月恒例の10月分の運用成績を発表したいと思います。
運用成績の発表方法を変更いたします。
理由は、マネックス証券とSBI証券の2つの口座で資産運用しているためです。

運用成績発表方法としましては、個別銘柄の運用成績。
証券会社ごとの運用成績。
そして、トータルの運用成績を発表いたします。

せっかくですから、私のポートフォリオの内訳も発表。
投資の参考にしていただけましたらと思います。
それでは、私の運用成績を発表いたします。

SBI証券口座の資産運用成績から発表します。
ドル購入平均レート:80.32円(0.25円購入手数料込)
バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)平均購入額:66.74ドル
投資金額ドル換算損益率:プラス37.2739%
投資金額円換算損益率:プラス68.0185%


ドル購入平均レート:88.57円(0.25円購入手数料込)
iシェアーズ 先進国(除く米国) REIT ETF(IFGL)平均購入額:33.37ドル
投資金額ドル換算損益率:プラス2.0453%
投資金額円換算損益率:プラス13.2654%


ドル購入平均レート:100.41円(0.25円購入手数料込)
マーケット ベクトル 中小型金鉱株ETF(GDXJ)平均購入額:44.53ドル
投資金額ドル換算損益率:マイナス17.4511%
投資金額円換算損益率:マイナス19.1777%


ドル購入平均レート:78.61円(0.25円購入手数料込)
フェイスブック(FB)購入額:29.62ドル
投資金額ドル換算損益率:プラス60.8776%
投資金額円換算損益率:プラス101.1764%


SBI証券口座のトータルの運用成績です。
分配金を含んだ運用成績となっております。
投資金額ドル換算損益率:プラス38.9636%
投資金額円換算損益率:プラス69.9565%


マネックス証券口座の運用成績発表をします。
ドル購入平均額:96.81円(0.25円の手数料込み)
Vanguard Total Stock Mrkt ETF(VTI)購入平均額:87.69ドル(購入手数料は含まない)
投資金額ドル換算損益率:プラス4.144%


日本株ロボット運用投信 (カブロボファンド)
購入平均基準価格:11266.88円
投資金額円換算損益率:マイナス0.7984%


マネックス証券口座のトータルの運用成績です。
分配金を含んだ運用成績となっております。
投資金額ドル換算損益率:プラス3.7058%
投資金額円換算損益率:プラス3.8063%


それでは、気になる私のトータルの運用成績は。
投資金額ドル換算損益率:プラス38.3078%
投資金額円換算損益率:プラス67.9508%


かなり運用成績良くなりました。
投資金額円換算損益率がプラス70%越えも間近です。
投資金額円換算損益率がプラス60%を超えたら、元本を割ることはかなりの確率でなくなると言っておりましたが、貯金ができました。

アメリカでデフォルト問題も落ち着き、更なる高値が望めそうです。
FRBもアメリカデフォルト問題がきっかけで、資産買い入れ縮小が難しくなりましたから、当分縮小はないでしょうね。
しばらく株価上昇を楽しめそうです。

本来ならば、債券にシフトを映しておくべきなんでしょうが、債券も高値状態。
高値つかみをわざわざする必要もないので、株価の比重を多くして攻めていきます。
債券と不動産価格大幅下落待ちです。

せっかくなので、私の現在のポートフォリオも紹介します。
投資の参考にしていただけましたらと思います。
マネックス証券とSBI証券を持っているため、自分のためにも作成です。

ゆったり犬ポートフォリオ
バンガード トータルストックマーケットETF(VTI):86.9603%
iシェアーズ 先進国(除く米国) REIT ETF(IFGL):8.8257%
マーケット ベクトル 中小型金鉱株ETF(GDXJ):3.2606%
日本株ロボット運用投信 (カブロボファンド):0.5526%
フェイスブック(FB):0.4005%


やはり金鉱株ETFの下落が目立ちます。
このままだと、来月の購入は金鉱株ETFの可能性が高そうです。
所有しているマーケット ベクトル 中小型金鉱株ETF(GDXJ)の再購入ではなく、大手金鉱株ETFのマーケット ベクトル 金鉱株ETF(GDX)を購入することになると思います。
その時は、きちんと報告させていただきます。

今日も、バンガード トータル ワールド ストックETF (VT)とバンガード トータルストックマーケットETF (VTI)を比較したいと思います。世界の株に投資をするか、アメリカ株だけに投資をするかの比較のためです。年初に投資をしたらどのくらいのリターンになったかを書いていこうと思います。つまり、10ヶ月のリターンです。
バンガード トータル ワールド ストックETF (VT)プラス18.4743%
バンガード トータルストックマーケットETF (VTI)プラス26.2963%


アメリカ株中心の方が8%近く運用成績が上のようです。
かなり大きな数字だと思うのは私だけでしょうか。
それにしても、年初からアメリカ株に投資をしていると25%近く上昇していることが凄いですよね。
それでは、また


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
関連記事
スポンサーサイト
2013/10/31 23:33 運用成績 TB(0) CM(0)
世界的に貧富の差が広がっていると問題になっております。
まず前提としまして、高所得者がいくらもらおうが問題ないという考え方をしております。
大抵の高所得者は、株式会社のCEOが多く、社員の380倍以上の給与をもらっていると問題提起されております。

「ウォール街を占拠せよ」とアメリカでも活動が活発でしたからね。
最近は大人しくなっているようで、それでも高所得を得ているのは間違いないでしょうね。
私はいくらもらおうが問題ないと思っております。
株式会社のCEOは、株主から給与をもらっている。

株主が了解していれば、何ら問題ない。
だって、株式会社は株主のものですからん。
むしろ、私は底辺を上奏されることの方が重要と考えております。

上がいくらもらおうが関係ない、問題は底辺をいかに持ちあげるかです。
今回は、その問題を解決できるかもしれない糸口を紹介しましょう。
いろんな反発が出てきそうなネタですけどね。

まずは、貧富の格差を見てましょう。
アメリカの冨の40%は上位1%の人が所有している。
上位20%~100%の人の富は全体のわずか7%である。

続きまして、所得。
アメリカ全体の総所得の24%は上位1%層。
日本の全体の総所得の9.2%は上位1%層。

アメリカの上位1%層がどのような人か見てみよう。
金融資産6,816,200ドル(約6億8,162万円)
世帯収入で521,411ドル(約5,241万円)

ケタの違いに驚かされる。
もう少し身近な数字を見てみよう。
上位20% 415,700ドル   世帯収入107,628ドル
上位10% 952,200ドル   世帯収入148,687ドル
上位5%  1,863,800ドル  世帯収入208,810ドル
上位1%  6,816,200ドル  世帯収入521,411ドル

どうでしょうか、少しは近づけたでしょうか。
残念ながらこれでもかなり大きな数字です。
お金持ちなんで当然と言えば当然の話。

お金持ちはお金をいっぱい持っていていいようね、では話が終わるので、当然これからが本題です。
どうやって差縮めようかという話です。
金持ちからたくさん税金を取るというのも一つの方法なんでしょうが、私は賛同できません。

確実に景気が悪くなる。
むしろ、お金を持っている人にお金を使ってもらう方法を考えるべきです。
税金の話ではございません。

貧富の差は資産内容が物語っております。
金額ではなく、資産の内容です。
富裕層と中間層の資産内容を見てみましょう。

富裕層は資産をたくさん保有し、中流層は借金をたくさん保有している。
富裕層(Top1%)は、主に「事業の株式(Business Equity)」と「投資(Investments)」が世帯資産の8割を構成している。
「自宅(Principal Residence)」が占める割合は、全体の中で10%弱となっており、資産10億円の富裕層であれば、1億円の自宅を持っているという事になります。

多くの中間層は、世帯資産の6割以上が「自宅(Principal Residence)」です。
世帯資産が4,000万円だとした場合、2,400万円が自宅ということです。
「事業の株式(Business Equity)」と「投資(Investments)」は、15%弱しかなく、あまり事業や投資に資金を配分できていない。
事業や投資は、「お金を増やす手段」だと言え、ここへの配分比率が少ないとなかなかお金は増えないという状況になっている。

借入対収入比率でも大きな違いが。
中間層は、年収の150%以上の借入がある。
対する富裕層は、借入は世帯年収のわずか20%に留まっており、いつでも返せる状況。

まとめてみましょう。
富裕層(Top1%)は、事業と投資に家族資産の8割を配分しているからそこから得られる利益でさらに潤っているので更にお金持ちになれる。
中流層(20〜80%)は、自宅に家族資産の6割を配分しているが、自宅は、住宅ローンという借金は生むものの利益を生まないので、生活になかなか余裕が生まれない。

富裕層はお金を持っているから、事業や投資ができるのではないかと言われそうですが、私はそうは思わない。
投資信託などを活用すれば、少額でも投資が可能。
私から言わせれば、やらないだけだと思っている。

実際私もお金を持っておりませんが、投資をやっております。
自分が働いて得ている金額よりも、運用益が多くなっているぐらいですからね。
たまたま、運がいいだけと言えなくもないでしょうがね。

富裕層をまねて事業と投資に世帯資産の8割を投下していけば、私は富裕層に近づけると思います。
富裕層になれるとは言いませんが、近づけるもしくは現状よりも良くなると思います。
資本主義に身を置いている皆さん実感していただきたいと思います。

どうでしょうか、極論でしょうかね。
私はそうは言い切れないと思います。
今潤っているのは、どこか考えてみてください。

大手企業です。
その大手企業を攻めるのではなく、所有すればみんなが豊かになれる可能性を秘めている。
お金の流れを把握することが、現状の打破につながると思います。
それでは、また


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
関連記事
2013/10/30 23:47 世界の時事 TB(0) CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!