アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近、非常に株価の乱高下が激しい。
要因はいろいろあるようだが、その1つと考えられているのが為替です。
どうも、円安になると株高になり、円高になると株安なるようですね。

企業業績と関係なく、為替で株価が乱高下しております。
確かに輸出産業を中心に元気を取り戻しているような気がしないでもない、本当にそうだろうか。
韓国には、日本の円安を責めているようだが、本当にそうだろうか。

個人的には、為替と企業業績は長期的には関係ないと思っている。
確かに、1円動くとトヨタ自動車の利益が400億円違うと言われている。
だったら円安の方がいいではないかとなるのですが、トヨタがいいという話で、日本に取っていいとは限らない。

円安で日本の輸出産業が元気になり、韓国企業が窮地に立たされていると韓国が喚いている。
どうでもいい話なんですが、きちんと調べてみよう。
円安のせいで、韓国企業が窮地に立たされているのか、私はそうは思っていない。

日本の輸出産業の多くは、すでに海外生産を拡大し続けている。
円の変動で海外コストの影響は限られている。
円が安くなろうが、円が高くなろうが海外で製造販売しているため、コストは変わらない。

海外で韓国企業のシェアが落ちて、日本企業のシェアが上昇ているのは、決して円安が要因ではない。
なぜなら、海外で多くを製造販売しているからである。
その国で、製造して販売すれば、日本の円は関係ない。

実際2013年1~3月期のトヨタ自動車の販売台数は5%減少。
対する韓国企業の現代自動車の販売台数は9.2%上昇。
円安で日本車の販売台数が伸びたわけではない。

円安になったとしても、その国でのシェアが伸びるとは限らない。
理由は、すでにその国での製造販売をやっているから。
その国で製造をやっていないで、販売だけならば為替により大きく値段が動く。

しかしながら、その国で製造販売をやっていると、円高になろうが、円安になろうが関係ない。
その国でのコストだけが問題になる。
企業にとっては、決算上の問題になるわけだ。

日本は輸出で稼いでいるイメージがあるようだが、実際はGDPの12%しかない。
日立、パナソニック、ソニー、ホンダ、日産、トヨタの6社を合わせた売上高より少ない。
円安が本当に日本経済にとって、プラスなのかも怪しくなってくる。

輸入品のコストが大きくなるのではないか。
つまり、デメリットだけが大きくなるのではないかという疑問が急浮上。
安倍総理大臣のアベノミクスと黒田日銀総裁の異次元的な金融政策(バズーカ砲)のやり方にも疑問を持たないでもない。

しかしながら、円安を否定しているわけではない。
円安で決算上だろうが、間違いなく輸出産業は潤う。
その潤ったお金をどう使うかで、国が豊かになるか決まる。

韓国は、ウォン安によりサムスン電子のような大手企業は間違いなく潤った。
しかしながら、その潤ったお金は国内で使われることなく、海外に持っていかれた。
なぜなら、サムスン電子のような韓国の大手企業は、韓国に会社があるが、韓国の企業ではない。

半分以上は外資になっているからである。
韓国国民が稼いだお金の半分以上は、外資に持っていかれる。
韓国経済が良くなるわけもない。

むしろ、ウォン安が物価上昇を招き、国民を苦しめている状況。
八つ当たりできるのは、心の広い隣人、日本だけ。
韓国の大手メディアもくだらないことを書く始末。

広島と長崎の原発投下は「神の懲罰」だと、言いやがった。
この国は終わったなと思った。
これにより、日韓通貨スワップは消えた。

まさか、延長しようと言い出す、くだらない国会議員はいないだろうな。
きちんと見張りますよ、当然私は。
ぜひとも、長崎と広島と靖国神社に国会議員はすぐにでも行ってほしい。

くだらない選挙活動よりも、数倍効果がある活動だ。
私はそちらの活動を支持するし、当然応援する。
戦える国会議員が何人いるかも注目したい。

話はずれましたが、円安で韓国企業が苦戦しているわけではない。
お客が求めてめている欲しいと思う商品を販売していないだけだ。
日本企業にも言えることだが、物が売れないのではなく、お客が欲しい商品がないだけだ。

為替のせいにするだけの無能な経営者はいらない。
お客の欲しい商品を作り続けて、販売する企業だけが生き残れる。
日本企業もぜひとも自覚していただきたい。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」 ゆったり犬お勧めクレジットカード ゆったり犬お勧め海外旅行用クレジットカード
2013/05/25 22:59 日本の時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/1223-2b5de5a0
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!