アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
昨日書かせていただきましたが、日経平均株価は私好きではございません。
日本では、株価と言えば、日経平均株価。
日経平均株価と言えば、株価です。

ニュースで流れる、株価が上昇しましたという言葉は、決してTOPIXではなく、日経平均株価。
それほど優れている指数なのか。
私はそうは思っておりません。

しかしながら、ニュースで流れる株価の情報は日経平均株価ぐらい。
非常に使い勝手がいいんでしょうけどね。
それでは、その使い勝手のいいと言われている日経平均株価の特徴を見ていきましょう。

日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を選定し、ダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出する。
平日毎日更新される(年末年始期間を除く)。
業種のバランスなども考慮しながら、定期的に入れ替える。
株式分割などの際は、分母(除数)の修正などで連続性を保つようにしている。

日経平均株価の最大の特徴は株価平均がとを言われており、構成銘柄の採用株価の平均を表します。
値がさ株(高株価の銘柄)の影響を受けやすいという特徴があります。
日経平均株価の構成銘柄は、東証市場第一部に上場する銘柄のうち、225銘柄を選定しており、流動性や業種間のバランス等を考慮して年に1度、日本経済新聞社による銘柄入替が行われています。

日経平均株価と並ぶ指標が、TOPIXです。
私はこちらの方が、日本の株価を示していると思います。
その点については、後に書きます。

TOPIXは、東証第一部上場株の時価総額の合計を終値ベースで評価し、基準日である1968年1月4日の時価総額(当初数値は8兆6020億5695万1154円)を100として、新規上場・上場廃止・増減資・企業分割などにより修正され、指数化したものである。
日経平均株価に比べ、特定業種・企業の株価の動きによる影響を受けにくい利点を持つ反面、株の持ち合いにより時価総額のダブルカウントが起きやすい欠点も有していた。
このため、東京証券取引所は、2004年7月に時価総額加重平均型株価指数から浮動株基準株価指数への変更を示唆。その後2005年10月31日・2006年2月28日・2006年6月30日の3段階に分けて、東証REIT指数を除くすべての株価指数を浮動株基準株価指数へ移行させた。

TOPIXの大きな特徴は、時価総額加重型と言われており、ある過去の一定時点(=基準日)の時価総額と比較して、算出時点の時価総額がどの程度増減したかを表します。
時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすいという特徴があります。
TOPIXの構成銘柄は、東証市場第一部に上場する全ての内国普通株式であるため、定期的な銘柄入替はありません。
銘柄数の増減は、新規上場や上場廃止等があった場合のみ行われます。

どうでしょうか、詳しく書いてみました。
日経平均株価は、株価の高い企業の影響を受けやすい。
TOPIXは、時価総額の大きな企業の影響を受けやすい。

日経平均株価とTOPIXには、どちらにもメリットとデメリットがあります。
組み入れ銘柄を見てみましょう。
私はTOPIXが日経平均株価よりも優れていると言っている理由です。

日経平均株価の組み入れ銘柄上位20銘柄
1位 ファーストリテイリング 9.66%
2位 ソフトバンク 6.04%
3位 ファナック 4.70%
4位 KDDI 3.08%
5位 京セラ 2.40% 
6位 本田技研工業 1.87%
7位 東京エレクトロン 1.63%
8位 アステラス製薬 1.58%
9位 セコム 1.53%
10位 信越化学工業 1.52%

11位 トヨタ自動車 1.50%
12位 ダイキン工業 1.49%
13位 デンソー 1.27%
14位 日東電工 1.27%
15位 武田薬品工業 1.26%
16位 キヤノン 1.23%
17位 テルモ 1.16%
18位 TDK 1.11%
19位 住友不動産 1.04%
20位 エーザイ 1.03% 
上位20銘柄組み入れ銘柄比率が46.37%

TOPIXの組み入れ銘柄上位20銘柄
1位 トヨタ自動車 4.60%
2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 2.40%
3位 ソフトバンク 2.14%
4位 三井住友フィナンシャルグループ 1.86%
5位 本田技研工業 1.85%
6位 みずほフィナンシャルグループ 1.48%
7位 日本電信電話 1.23%
8位 ファナック 1.15% 
9位 日本たばこ産業 1.14%
10位 武田薬品工業 1.09%

11位 キヤノン 1.05%
12位 日立製作所 1.04%
13位 KDDI 1.03%
14位 三菱地所 0.95%
15位 セブン&アイ・ホールディング 0.92%
16位 アステラス製薬 0.83%
17位 三菱商事 0.83%
18位 三井不動産 0.83%
19位 東日本旅客鉄道 0.79%
20位 パナソニック 0.76%
上位20銘柄組み入れ銘柄比率が27.97%

どうでしょうか。
どちらも株価がどのような状況を示す指数ですが、かなり違います。
日経平均株価は、組み入れ銘柄上位20銘柄で指数の45%近くを占めております。

日経平均株価は225銘柄で形成されておりますから、残り205銘柄で55%なわけです。
特に注目する点は、ファーストりティリング 9.66%。
1つの銘柄で、日経平均の1割ほどを占めている状況。

ファーストリテイリングの株価が1割落ちると、日経平均株価が1%落ちる計算に。
株価の1%下落がどれほど大きな数字かわかっていただけるでしょうか。
ファーストリテイリングの調子がいい時は問題がないでしょうが、問題が生じると日経平均株価は大きく下がります。

それだけ、ファーストリテイリングに日経平均株価に影響力があります。
TOPIXに問題がないわけではないですが、まだ日経平均株価ほど偏った組み入れ銘柄ではない。
日経平均株価は、ファーストリテイリングとソフトバンクとファナックで2割占めますからね。

TOPIXは見ていただくとわかりますが、金融機関が上位に来やすくなります。
時価総額が大きく、利益が大きいですから。
その分、サブプライムローンなどで損失を大きく出した時に、大きく下落。

TOPIXの足を引っ張るわけです。
難しい選択ですが、TOPIXは組み入れ銘柄が多いため、多少マイルドになりやすい。
東証一部に上場している約1700以上の銘柄を組み入れておりますからね。

たくさん所有している分経営がおかしな企業も含まれますが、市場が発達すれば淘汰されるんでしょうけどん。
当分、先の話になりそうですがね。
そこで登場したのが、JPX日経インデックス400。

資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数がJPX日経インデックス400。
要するに、ROEが高い企業を400社集めて指標に。
これにも当然弱点が出てきます。
せっかくですから、組み入れ上位銘柄を書いていきましょう。

JPX日経インデックス400の組み入れ銘柄上位20銘柄
1位 ソフトバンク 1.86%
2位 ファナック 1.66%
3位 KDDI 1.49%
4位 日立製作所 1.49%
5位 武田薬品工業 1.49%
6位 トヨタ自動車 1.44%
7位 本田技研工業 1.43%
8位 日本電信電話 1.39%
9位 みずほフィナンシャルグループ 1.35%
10位 セブン&アイ・ホールディング 1.33%

11位 三井住友フィナンシャルグループ 1.32%
12位 三菱地所 1.27%
13位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 1.26%
14位 日本たばこ産業 1.26%
15位 キヤノン 1.25%
16位 アステラス製薬 1.20%
17位 三菱商事 1.20%
18位 三井不動産 1.14%
19位 東日本旅客鉄道 1.09%
20位 野村ホールディング 1.08%
上位20銘柄組み入れ銘柄比率が28.26%

日経平均株価の上位20銘柄組み入れ銘柄比率が46.37%の異常さが際立つ。
JPX日経インデックス400は、非常に期待しております。
私は日経平均株価よりも、動きはいいだろうし、運用成績もいいと思います。

問題点はありますが、日経平均株価より評価します。
誕生したばかりで、若干頼りないですが、時が成長を促すことでしょう。
個人的に日本株の現状を示す指数としては、TOPIX・JPX日経インデックス400・日経平均株価の順で活用しております。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
2014/04/21 23:14 私の時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/1543-6963c0b3
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!