アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
コミュニティー参加方法について
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
本日より、着々と私のブログに書きたかった記事を書いて消却していきます。
昨日は、私の資産運用の話を書きましたのでね。
本日の話は、メード・イン・チャイナのことです。

世界の工場と言われていた中国。
安い賃金を武器に、世界中から仕事を取っておりました。
私が現在使っている、デルのパソコンも確かメード・イン・チャイナではなかったでしょうか。

デルのホームページで頼み、パソコン作成は中国。
中国から私の自宅の届くわけです。
凄い時代ですよね。

デルは、アメリカの企業で私が株主をやっている企業でもありますけどね。
そのデルで購入したパソコンにつながっているプリンターですが、キヤノンなんですが、製造したのはベトナム。
メーカの本社がある国と、製造している国の全く関係ないことに驚かされる。

安い賃金を武器に、世界中から仕事を取っていった中国。
世界の工場ともまで言われておりました。
現在やはり状況が違うようです。

世界からたくさんの仕事が中国に舞い込んでいた理由が、安い製造コスト。
特に、安い人件費。
最初は良かったんでしょうが、安い製造コストと引き換えに、企業は大きなコストを払うことになった。

情報漏えいは当たり前、気がつくと隣の工場で同じ物をを作成。
コピー商品のオンパレード。
企業は結果的に大きなコストを払うことに。

安い賃金を武器に躍進していた中国ですが、現状はどうなのかを研究しているところがあるようです。
世界の製造業輸出の90%を占める主要な輸出25カ国・地域を対象に生産コストを調べ、競争力を数値化。
メード・イン・チャイナと肩を並べる意外な国が発表された。

製造コストが安い国のランキングです。
1位 インドネシア
2位 インド
3位 メキシコ
4位 タイ
5位 中国 
6位 台湾
7位 アメリカ

製造コストが高い国ランキング
1位 オーストラリア
2位 スイス
3位 ブラジル
4位 フランス
5位 イタリア
6位 ベルギー

非常に意外な結果となりました。
製造コストが安いと思われたブラジルが製造コストが最も高い国の一つになっております。
面白いのは、欧州諸国の中で製造コストが安いのはイギリスだったことでしょう。

製造コストとは、どのようなイメージがあるでしょうか。
想像しやすいのは、人件費でしょうか。
言うまでもないですが、人件費だけでは物は製造できません。

製造コストで関係する要因は、人件費とエネルギーと生産率でしょうか。
人件費が異常に安くても、たくさん製造できないと意味がありませんし、エネルギーが高いと製造コストが上昇する。
商品を製造するコストは、決して人件費だけでは比較はできない。

人件費とエネルギーと生産率の総合的な製造コストを比較すと、中国とアメリカのコストが近づいていることに注目していただきたい。
製造コストが高いイメージの強い、アメリカが中国と差を縮め肩を並べている。
中国が上から落ちたのか、それともアメリカが急浮上したのかがポイントとなる。

正確には、両方だろう。
中国の人件費が上がり、アメリカの生産効率向上とエネルギーコストの削減が差を縮める要因に。
この情報をもとに、経営者がどのような判断を下すかだ。

中国で製造するメリットがあるのか。
海外で製造するならば、製造コストが安い上位銘柄を選ぶできでしょう。
インドネシア・インド・メキシコが有力でしょう。

中国から、外資が撤退している理由も納得できる。
コンプライアンスが非常に厳しいアメリカの方が製造拠点として正しい選択と思える。
製造コストが近いならば、中国よりもアメリカを選ぶ流れは止まらないでしょう。

中国は製造拠点の魅力が薄まり、消費地に変貌した。
12億人いる消費地に。
企業は、製造コストの安いところを求め続ける。

中国から企業の撤退が続き、アメリカに企業が帰り続ける構図が続くでしょうね。
アメリカの強さが、更に際立つことでしょう。
私がアメリカ経済に強気な理由です。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
2014/07/05 16:07 世界の時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/1624-5411a826
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!