アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
やはり、株主にとっていい会社と従業員としていい会社は違うんでしょうかね。
日本でブラック企業と聞くと、イメージするのがワタミとユニクロとすき家などでしょうかね。
労務環境で非常に話題になっている企業です。

1人で夜間に労働させたり、拘束時間が長くて、残業代が出ない。
過労死なんて言葉が出てくるくらいですからね。
雇用の流動性が強ければ、そういうところには人材は集まらないんでしょうが、一斉に入新入社員が入社するシステムを取っている日本では、再雇用は非常に難しい。

そういうのもあり、なかなかブラック企業を抜け出せないというのが現状でしょうか。
雇用側にも、一度雇ってしまうとなかなかリストラができない。
だからこそ、雇用が増えない。

雇用の流動性が強ければ、再雇用もやりやすくなりますからね。
ブラック企業のイメージが強いワタミとユニクロとすき家ですが、実は株主からしてみると評価が高い。
安い賃金で長期間働かせれば、利益は上がりやすいでしょうからね。

日本を代表する企業の一員です。
株主にとっていい会社と従業員としていい会社は違うんでしょう。
日本でもブラック企業などの言葉がありますが、海外でも似たようなものがございます。

世界最悪の経営者が選ばれております。
労組の国際組織である国際総連合(ITUC)が五月にベルリンで世界大会を開催したのだが、そこでのアンケートで、「世界最悪の経営者」を選びました。
なんと、あの会社が選ばれたわけです。

皆さん知っている会社でしょうし、私も利用している会社です。
アマゾンの創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏が「世界最悪の経営者」に選ばれました。
ITUCのバロー書記長からは、「アマゾンは従業員をロボットのように扱っており、ベゾス氏は雇用者としての残虐性を象徴している」と言われております。

ここでも株主にとっていい会社と従業員としていい会社は違うようです。
アマゾンが注目されているのは、英BBCの記者の潜入取材。
アマゾン内部に入って取材したわけです。

BBCの記者は英ウェールズ南部のアマゾンの物流センターで働き、台車を押して商品を収集する作業に従事した。
従業員は「想像を絶する」重圧の中で仕事を強いられ、「精神的および身体的疾患を招きかねない」ほどという。
10時間強に及ぶ夜間の1回の勤務シフトで従業員が歩く距離は17キロにも達する。
作業が遅いと、「訓練の必要がある」と警告を受けるという。

これも書き手によっていろいろあるんでしょうが、凄い書かれようです。
アマゾンも当然ですが反論しております。
「従業員の安全を最優先にしているし、法律も守っている」
「第三者的な立場の専門家から整然かつ法律に準拠しているとの評価を得ている」
精神的・肉体的な病気を招くとの指摘もあたらない。

イギリスだけなく、アメリカとフランスでもアマゾンの苛酷な労働現場を伝える報道が相次ぎ、「足が水ぶくれになった」といった健康被害を訴える報告が絶えない。
日本でもアマゾンの物流センターがあるんですが、どうなんでしょうかね。

おそらく、作りはにたような感じ。
アマゾンの商品すごく売れているでしょうから、大変でしょう。
アマゾンは、物流センターの労働環境で問題になっているだけではございません。

アマゾンがスマートフォン(高機能携帯電話)など携帯端末向けに展開しているゲームなどのアプリ配信。
このサービスでは、一度パスワードを入力すると、しばらくの間は無制限でクレジットカードでアイテムなどが購入できる。
これに目をつけた子供が親に無断で利用しまくり、後から目が飛び出るような高額請求で腰を抜かすといったトラブルが多発。

どこかで聞いたことがあるような話。
子供が黙って、親のクレジットカードを使いスマートフォンのゲームに使う。
後からの請求書で親がびっくり。

アメリカでも当然問題になっており、アップルもゲームでの課金をめぐって、代金を利用者に返還することで和解。
アマゾンはなんと、「違法ではない。裁判でわれわれの立場を主張する」と裁判で争う姿勢をとった。
アマゾンの話続きます。

アマゾンが批判されている要因が節税です。
アマゾンの場合は低税率国のルクセンブルクを経由し、たとえば欧州では税率の高い英国などで現地法人が大幅な税の支払いを免れている。
確かに法律上問題はないでしょうが、非常に難しい問題。

フランスでは、小規模書店の保護を目的にオンラインの書籍販売で配送無料のサービスを禁じる法案が可決。
アマゾンはそれに対抗して、送料を1セントユーロ(およそ1円)にした。
フランスは名指しはしていないものの、間違いなくアマゾンを狙った法律でしょう。

非常に便利なアマゾン。
私も大好きです。
しかしながら、大きくなるにつれて批判が大きくなっている。

雇用と同じように、市場に任せるべきだと思っております。
いい会社には人が集まり、大きくなる。
悪い会社には、人が集まらなくなり市場から淘汰される。

国が関与すべきではないと思っております。
アマゾンも問題が続くようならば、利用者が減るだけ。
市場がいるかいらないかを決めます。

アマゾンのせいで、お客が減ったとの批判。
あなたのところで買うよりも、アマゾンで買った方がいいとお客が選んでいるだけ。
人は、便利な方にお得な方に流れていく。

時代に対応できない企業、市場に対応できない企業が市場から淘汰されていく。
アマゾンの批判、私は首をかしげる。
アマゾンの登場により、間違いなく便利になった。

便利だけでなく、安く買えるようになった。
今までが高かったのか、それともアマゾンが凄いのか。
市場は、アマゾンの方を評価した。

私はブラック企業という言葉は、雇用の流動性が高まれば減ると考えている。
移動できないから、我慢し続ける。
移動できれば、ブラック企業は雇用できなくなり市場から淘汰される。

働く場が増えること、雇用の流動性を高めることができれば、ブラック企業は必ず減る。
雇用の流動性を高めて、雇用を増やすために規制緩和による新規企業による雇用創出。
そのためにも銀行からの元本保証で集めた預金の間接金融ではなく、投資家から直接融資を受ける直接金融の発展が必要。

私のブログでよく書いておりますが、金融教育が必要。
お金の勉強です。
学校では決して教えてくれないこと。

私のブログが多少なりとも、お役にたてればと思っております。
最後に、私は間接的ですがアマゾンの株主です。
いろいろ批判されておりますが、前回のアマゾンの決算発表は赤字だったんではないでしょうか。

それでも、アマゾンの評価は高いようです。
株主にとっていい会社と従業員としていい会社は違うんでしょう。
私はアマゾンよりも、アップルの方がいいかな。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」 ゆったり犬お勧めクレジットカード ゆったり犬お勧め海外旅行用クレジットカード
2014/08/06 22:24 世界の時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/1658-dfbd632f
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!