アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
コミュニティー参加方法について
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
本日は投資の話をしましょう。
昨日は、私の資産運用の話をしましたからね。
着実に、金鉱株ETFを安く買えております。

購入するたびに、購入単価を落としております。
以前の購入単価が高かったというのもあるんでしょうが、持ち株数は順調に増えております。
私の考えでは資産運用は、購入単価を落とすことと持ち株数を増やすことです。

この話も別の機会にしましょう。
皆さんは、3月に公開されました『アナと雪の女王』を見られたでしょうか。
公開から半年以上経っておりますが、未だに人気が衰えないようです。

凄いですよね、私は見てないけど。
DVDも凄く売れているようです、私は内容すら知らないけど。
歌も人気のようです、一部分しか知らないけど。

『アナと雪の女王』を配給しているのは、松竹です。
『アナと雪の女王』以外には、、『超高速! 参勤交代』や『ホットロード』などを配給しておりました。
『アナと雪の女王』で潤ったように見える松竹ですが、2015年2月期の業績見通しを上方修正しましたが、昨年4~6月の歌舞伎座こけら落とし公演に伴う3部公演が、今年は通常の2部公演となった影響を補うには至らず、前期比24.5%の営業減益を余儀なくされる見通しです。

2013年にヒットした劇場版『ドラゴンボールZ』を配給しました東映。
モントリオール世界映画祭で審査員特別賞などを受賞した吉永小百合主演の『ふしぎな岬の物語』など期待作が公開されるが、前期比28.2%の営業減益が想定されております。
元気なように見える映画業界ですが、『アナと雪の女王』だけではどうしようもないようです。

それでは、映画の復興収入を見てみましょう。
2014年映画復興収入ランキング
1位 アナと雪の女王 259.2憶円
2位 マレフィセント 66.5憶円
3位 STAND BY ME ドラえもん 65.4憶円
4位 るろうに剣心 京都大火編 46.8憶円
5位 テルマエ・ロマエⅡ 43.1憶円
6位 名探偵コナン 異次元の狙撃手 40.2憶円
7位 ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜 34.7億円
8位 思い出のマーニー 33.6憶円
9位 GODZILLA ゴジラ 31.4憶円 
10位 アメイジング・スパイダーマン2 30.9憶円

2014年はまだ終わっておりませんが、若干増える程度でしょうね。
順位は大きく変わらないと思います。
それでは、去年の通年の映画の復興収入を見てみよう。

2013年映画の復興収入ランキング
1位 風立ちぬ 116.4憶円
2位 モンスターズ・ユニバーシティ 89.5憶円
3位 永遠の0 85.0億円
4位 テッド 41.5憶円
5位 ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE 40.6憶円
6位 ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 39.5憶円
7位 名探偵コナン 絶海の探偵 35.7憶円
8位 謎解きはディナーのあとで 31.9憶円
9位 そして父になる 31.2憶円
10位 真夏の方程式 31.0憶円

こうやって書いていくと、やはり『アナと雪の女王』の凄さは際立つ。
100億円越えでもすごいんですが、それが260億円近くの復興収入。
注目を浴びるのも当然と言えば、当然の話。

客が客を呼ぶと言った感じでしょうか。
『アナと雪の女王』が260億円の復興収入を獲得。
私の意見でしょうか、大したことないなと言うのが率直な感想です。

確かに映画業界では凄いことなんでしょうが、260億という数字だけを見るとそれほど大した規模ではない。
しかしながら、注目度だけは抜群に高い。
華やかな業界ほど、市場規模は小さい鋳物です。

若者の間で非常に好まれるゲーム業界。
世界的に見ると市場規模は6兆円。
日本だけですと8000億円程度です。

凄い金額に見えますが、セブン&アイ・ホールディングス全体の売上高が9.5兆円ですか、ゲーム業界が大きいとは思えない。
一企業で、ゲーム業界の市場規模を持っております。
映画業界にも触れましょう。

『アナと雪の女王』などの脚光を浴びやすい映画業界ですが、日本の映画市場規模は1900億円ほど。
ゲーム業界より小さな市場規模。
今年は『アナと雪の女王』だけで日本の映画市場規模15%程抑えたことは凄いことですけどね。

流れで書きましたが、映画業界で100億円の映画復興収入を上げることは非常に難題です。
2013年では風立ちぬが116億円の映画復興収入を上げましたが、今年は『アナと雪の女王』だけでしょう。
映画業界ではなかなか超えられない100億円の壁。

その壁とはどのくらいの規模なんでしょうか。
面白い例を出しましょう。
私も大好き牛丼業界。

牛丼業界の市場規模は、映画業界の倍のおよそ4000億円。
牛丼のお供に忘れてはいけないのは、紅しょうがです。
私は使いませんが、この業界意外と大きい。

なんと紅しょうが産業は、映画業界がなかなか越えられない100億円規模。
牛丼のわき役なのに、100億円市場。
こう考えると如何に映画の産業が小さいかわかっていただけるのではないでしょうか。

スポットライトが当たる業界が、決して大きな業界とは限りません。
紅しょうがの産業が、100億円市場なんてニュースに流しても誰も注目しませんからね。
そう考えると、『アナと雪の女王』の方が注目が集まる。

世間でよく知られている、特に若者が好みそうな業界は市場規模が小さく、経済力は非常に弱い。
一方地味に見える産業は、思っている以上に市場規模は大きい。
例をだしてみよう。

自動車市場は、50兆円
家電市場は、60兆円
建築市場は、50兆円
外食市場は、30兆円
医療市場は、40兆円
生命保険市場は、40兆円

市場が大きければ、関わる人が多いわけですからお金の流通も活性化する。
本来狙うべき業界は、このような大きな業界です。
当然ですが、競争も激しいですけどね。

私ならば、投資をするならこのような大きな業界に注目します。
確かに大きくスポットライトは当たらない業界です、しかしながらこのような業界こそおいしい銘柄が多い。
人に注目されなければ、それだけ安く購入できますからね。

情報に惑わされない、冷静な分析が大切です。
映画業界と紅しょうが業界では、確実にちやほやされるのは映画業界。
しかしながら、味だけでなく、本当においしいのは紅しょうが業界なのかもしれない。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
2014/10/21 23:13 資産運用の基本 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/1740-5ca68f35
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!