アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
コミュニティー参加方法について
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
内閣府の発表でドル換算した2013年の国民1人当たりの名目GDP(国内総生産)について、日本は経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国中19位だったと発表された。
円安進行に伴い、ドルベースでの金額が縮小し、12年の13位から大きく順位を落とした。
日本は前年比17.2%減の3万8644ドルだった。

13年の平均為替レートは1ドル=97円63銭(12年79円81銭)と、円安が急激に進んだことが影響した。
1~3位はルクセンブルク、ノルウェー、スイスの順で、主要国では米国が7位、ドイツが15位となりました。
景気が回復したんではないかの期待感がありましたが、国民1人当たりの名目GDP(国内総生産)の世界ランキングは低下した。

円安により株価も上昇しており、表面上は非常に景気が良くなっているように思える日本。
しかしながら、世界と比較すると順位を落としている。
他の国が盛り上がったのか、それとも日本だけが世界経済から取り残されているのだろうか。

それでは、国民1人当たりの名目GDP(国内総生産)の世界ランキングを見てみましょう。

1位  ルクセンブルク 112,472.53ドル
2位  ノルウェー 100,578.97ドル
3位  カタール 98,985.99どる
4位  スイス 81,276.13ドル
5位  オーストラリア 64,578.19ドル
6位  デンマーク 59,129.13ドル
7位  スウェーデン 58,014.17ドル
8位  シンガポール 55,182.48ドル
9位  アメリカ 53,000.97ドル
10位 カナダ 52,037.15ドル
11位  オランダ 50,815.75ドル
12位  フィンランド 49,055.03ドル
13位  オーストリア 49,038.96ドル
14位  アイルランド 48,607.82ドル
15位  ベルギー 45,537.62ドル
16位  アイスランド 45,415.58ドル
17位  クウェート 45,188.56ドル
18位  ドイツ 44,999.50ドル
19位  アラブ首長国連邦 44,551.97ドル
20位  フランス 44,098.70ドル
21位  ニュージーランド 40,515.94ドル
22位  ブルネイ 39,658.80ドル
23位  イギリス 39,371.65ドル
24位  日本 38,467.79ドル
25位  香港 37,955.45ドル
26位  イスラエル 36,926.33ドル
27位  イタリア 34,714.70ドル
28位  スペイン 29,150.35ドル
29位  バーレーン 27,925.55ドル
30位  韓国 25,975.07 ドル

日本の国民1人当たりの名目GDP(国内総生産)の世界ランキングは、24位です。
経済大国と言いながらも、それほど上位にいません。
意外な順位で驚かれる方も多いのではないでしょうか。

国の豊かさを示す指標で、GDP(国内総生産)がございます。
国内の生産された付加価値の合計。
国内で消費された付加価値の合計とも言えますけどね。

国内で稼いだお金か国内で使ったお金の合計です。
国内の豊かさを測るには、非常に便利な指標です。
GDP(国内総生産)だけを見ると、日本は中国に抜かれておりますが、国民一人当たりで計算する方が正確でしょう。

国民一人当たりのGDPの方が、国民一人の稼ぎか国民一人当たりの消費といえますからね。
GDPを国民の数で割りますが、そんなに稼いでいない、そんなに使っていないとなりそうですが、全体のパイの数字。
パイが膨らめば、皆さんの取り分も多少増えるわけです。

国民一人当たりのGDPの世界ランキングが落ちた要因は、円安です。
ランキングはドル換算で行います。
円の資産が増えても、ドルで換算すると全く増えていないなんてことがざらにあります。

日本だけで考えれば、円換算でいいのでしょうが、そうは言ってられない時代。
やはりドル換算が一番正確だと思っております。
日本株価が上昇して一分の人たちは潤っていることでしょう。

しかしながら、円安により物価上昇。
円安は、結局は通貨が安くなっているわけですから物価高です。
鎖国をしているならば円だけを考えればいいのでしょうが、輸入品に頼る日本のとっては支払いはドルです。

そう考えると、如何に国民がドルを稼ぐかが勝負となってくる。
アメリカのように大量にドルを刷ればいいのでしょうが、日本がアメリカドルを刷るわけにはいかないですからね。
日本を国民一人当たりのGDPで抜くと言っております、韓国。

数字だけ見ると、国民一人当たりのGDPを1.5倍にしないといけない。
かなりの自信ですよね。
日本が落ちてくると思っているんでしょうかね。

奥の手としては、韓国通貨のウォンの価値を2倍にすればいい。
そうすれば、ドル換算で2倍になりますからね。
どういう経済状態になるかは言わないでおこうと思いますけどね。

日本の株価が上昇していると言われておりますが、残念ながらそうとは言えません。
円換算では確かに上昇しているんですが、日経平均株価をドル換算すると
20年前が日経平均株価は160ドル。
現在がなんと日経平均株価は148ドルなんです。

この数字は、驚きです。
ドルで考えると、全く上昇してない日経平均株価。
外国人の人がドルを円に交換して日経平均株価のETFを購入する。

そして20年後に日経平均株価のETFを売却して円をドルに交換するとなんと元本が割れている状態。
20年間投資して、元本が割れる市場なんて信じられませんけどね。
私ならば投資しようとは思わない。

外国人も似たような考えでしょうか。
だからこそ、短期の外国人投資家が多いのでしょうかね。
取引の主体は、外国人投資家になってしまっておりますからね。

為替の影響もあるんでしょうが、それでも酷い状況。
日本は本当に豊かになっているのだろうかと思います。
輸入品に頼り日本ですから、大抵の支払いはドルです。

私のブログでも言いましたが、国民一人当たりGDPで6万ドルを目指すべきだと思っております。
国民所得1.5倍です。
その為には、企業の競争力増加。

法人税の引き下げと規制の緩和です。
消費税をフラット化して、消費税30%。
他の税金と社会保障費をすべて廃止。

日本に住む全員が払うシステムに。
若者からお年寄りまで。
今の税制では、決して国民一人当たりGDPで6万ドルクラブに入れない。

昔の栄光にしがみつくのではなく、既存を壊してこそ新しい物が生まれる。
変わらないでは、日本経済は衰退し、新興国に抜かれるだけ。
変わらないことに満足している状態では、茹でガエルの状態である。
それでは、また

関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
2014/12/27 00:03 日本の時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/1803-cb267bcd
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!