アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
コミュニティー参加方法について
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近世界経済の株式市場を揺るがしているのが中国です。
なんとも人騒がせな国だ。
今に始まったわけではないんですがね。

自国の経済立て直しのために手段を選んではいられない状態に。
中国の現状の酷さを物語っております。
凄い状況です。

中国の通貨の価値を下げ続けております。
中国人民銀行は11日、ドル・人民元の基準為替相場を1.86%引き下げ。
12日に再び1.62%下げたのに続き、13日にも前日より1.11%引き下げたて6.4010元と告示した。

3日間で、中国元の価値を5%ほど落ちました。
市場の評価がそうなったわけではなく、中国政府の市場の介入によってそうなったわけです。
アメリカが嫌う市場介入国なわけです。

別にいまさら何ですが、結構凄い話です。
日本で例えましょうか。
1ドル125円程度を現在維持しておりますが、それを日本政府が無理矢理1ドル131円程度にするような話。

一応中国の通貨の元も変動するようになっておりますが、幅が確か2%ほどではなかったでしょうかね。
全力で頑張っても、3日前の水準には戻らない計算です。
それにしても、中国政府の必死さが垣間見れます。

しかも巷では、中国通貨の元の価値を10%ほど落とすまでの噂が飛び交っており、世界の株式市場に動揺を与えている主原因ととなっております。
中国に投資をしていたら、1割価値が下がるわけですからね、そりゃー動揺しますよね。
伊藤忠商事は大丈夫でしょうかね。

中国にかなり肩入れしているように思える企業ですけどね。
なぜ中国政府が自国通貨の元安に必死なのか。
それは、輸出産業の立て直し。

結局は輸出産業を元気にする方法は、自国通貨を安くすること。
自国通貨を安くなれば、同じ価格で販売しても、自国に利益を持ち帰るときに利益が増える。
もしくは自国通貨が安いので販売価格を下げることができ、売り上げを増やすことができる。

いい事ずくめのように思えますが、当然問題もあります。
自国通貨安は、輸入品の価格が上昇します。
自国だけで賄っているのならば問題はないでしょうが、輸入に頼っている国は物価上昇が大きくなる。

日本の現状が想像しやすいのではないでしょうかね。
円安により、輸出産業が過去最高益を出し続けているものの、物価が上昇している。
それがこれから起こるであろう、中国の未来。

日本ぐらいで収まればいいでしょうが、どうなるでしょうかね。
本当に、物価がほんの少しのアップで止まるでしょうか。
自国通貨安になっているということは、市場にお金が大量にあることを意味します。

国民には回らないお金ですけどね。
物価が大幅に上昇する可能性があります。
そうなると、中国国民は大幅な物価上昇の波に飲み込まれる。

さて、大人しくしているでしょうか。
暴動等が容易に想像できるのは私だけでしょうかね。
これからどうなる考えてみましょう。

シャドーバンキングによる不動産バブル
不動産バブル破裂
中国経済崩壊を糊塗する為に、株バブルを演出
株のバブル分を日本と東南アジアに覆い被せようとAIIB設立
日本不参加でバブル分を負担させる相手が無くなり手詰まりに
とうとう、株バブル破裂
取引停止などの強硬手段と、人民元増刷による上海株の買い支え
増刷分の人民元切り下げ

ここまでが今までの中国現状でしょうか。
続きまして、これからの中国の予想です。

インフレーションの悪化
インフレが都市部より経済基盤の弱い農村部を直撃
農村部での暴動頻発と社会不安の増大
暴動弾圧とその失敗。共産党政権の内部分裂と内戦勃発
チベット・ウイグル・内モンゴルの独立と、中原に於ける民主的な数カ国の成立

どうでしょうかね。
絶対にないとは言い切れない内容ではないでしょうか。
かなり言い当てているように思えます。

準備をしていかないといけないでしょうね。
中国が基軸通貨を目指していたのが非常に懐かしいぐらいです。
間違いなく、無理でしょうね。

中国政府が調節できる通貨を誰が信用するんだよ。
価値が下がり続ける通貨を誰が使うんだよ。
基軸通貨のドルはしばらく安泰でしょうね。

刷り続けたドルが終わり、ドル回収に方針を変えたアメリカのFRB。
今月金利を上げる可能性もあり、中国がどうなるか非常に注目される。
世界的にドルの奪い合いが始まる。

崩れていくのは、新興国からでしょうね。
中国は新興国との違いを見せつけることができるのか、それとも世界恐慌の引き金を引くのか。
私はどうなってもいいように、準備は進めます。

刷り続けるお金よりも、有事の金のほうが信用するかな。
金(ゴールド)が一番強くなると考えて、金鉱株に投資しております。
大きく化けるのが楽しみに投資を続けます。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
2015/08/13 23:15 世界の時事 TB(0) CM(2)
コメント
日本のほうが酷くない?
アベノミクスで50%通貨を切り下げ、中央銀行や年金で株を支えている日本も、中国と変わらないと思いますが。
むしろ参考にさえされている感あり。
手段は違えど、どこの国も本質は全く一緒だと思います。
2015/08/14 10:03 幸福賢者 URL [ 編集 ]
幸福賢者様、コメントありがとうございます。
景気を浮上させようと考えると、自国通貨を安くする発想になりがちです。
日本の場合はそれほど物価上がっていないから問題が小さいですが、中国はどうなるでしょうか。

自国通貨安にした反動は大きいと思います。
世界が支払う代償は大きいでしょうね。
誰が支払うんでしょうかね。
それでは、また
2015/08/15 00:01 ゆったり犬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/2031-40518ab3
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!