アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
医療の発展が著しい昨今。
昔は不治の病と言われた病気も、今では容易に治るようになった。
日本人の平均寿命も伸び続け、今では男性が80.50歳、女性が86.83歳となっている。

本当に長生きをするようになった。
だからこそ、昔は心配する必要がなかった老後なんてことを心配しなくてはならなくなり。
年金の問題が大きくなった。

活きているだけでお金がかかりますし、労働者ならばいいのでしょうが、退職した人は労働者とは考えにくい。
消費することあっても、大きな納税者になりにくい。
国の負担になるわけです。

国の予算で大きくなっているのが社会保障費。
年金・医療などの負担です。
社会保障費は、着々と成長し続けております。

社会保障費を削るか、もしくは社会保障費負担を国民に増やすかに迫られております。
社会保障費の増加の要因になっているのが、高額な薬。
一粒6万円の薬が販売されるぐらいですから、社会保障費の増加は必然です。

高額な薬が国を滅ぼしかねないという話を本日は書きましょう。
がん治療薬「オプジーボ」。
小野薬品工業(大阪市中央区)が平成26年にメラノーマ(悪性黒色腫)の治療薬として製造販売の承認を取り、昨年12月に切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの治療にも追加承認された。

オプジーボはこれまでの抗がん剤と大きく作用が異なる。
従来の抗がん剤はがん細胞の増殖を抑えて死滅させるが、オプジーボは患者自身の免疫に働きかけてがんを抑え、有効例では効果持続期間が長い。
画期的な商品。

問題は価格だ。
体重60キロの患者が1年間(26回)、オプジーボを使うと、年3500万円かかる。
誰が使えるのだろうか。

日本には非常に優しい制度があり、患者の平均的な負担は、医療費の自己負担分が一定額を超えると軽減される「高額療養費制度」がある。
実質、月8万円程度で済む。
つまり、差額は患者が加入する医療保険と国や自治体の公費でまかなわれる。

オプジーボが適用される非小細胞肺がん患者は年10万人強。
このうち、仮に5万人がオプジーボを1年使うとすると、薬代だけで年1兆7500億円。
日本の年間医療費約40兆円のうち約10兆円とされる薬剤費が、2割近く跳ね上がる計算だ。

医療費や薬剤費は約4分の1が国費でまかなわれている。
国の予算に占める社会保障費への影響も数千億円規模になることが予想される。
人を救う薬が、国を滅ぼしかねないほどの破壊力。

それでは、対策としてどうするのか。
薬剤の効果に照らして価格を下げる。
薬が効いていない患者の治療を早期に打ち切り、効果がある人への投与を必要最小限にとどめるための研究を行う。

これだけでは不十分だろう。
高額療養費制度を見直し、国民皆保険のないアメリカのように患者に自己負担を強いて、金がなければ高い薬を使えないようにする。
75歳以上はオプジーボを使えないように年齢制限する。
難しい選択に迫られている。

新薬開発が進み、効果も高いが費用も高い薬が続々と登場している。
この話だけを書くと、薬品会社酷いよねとなるのだが、薬品会社も営利を求める。
儲けがなければ、次の薬の研究開発もできない。

おそらく、共産主義では新しい薬の研究は進みにくい。
利益がないから。
しかしながら、命をかけて戦っている患者に、価格の話は悲しすぎる。

切っても切れない関係が、お金と薬の関係だ。
微妙なさじ加減が必要なのだが、日本はどのように進むのだろうか。
投資家として薬品会社に投資している者としては、非常に難しい問題でしょうかね。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
2016/05/05 23:12 日本の時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/2309-59dce1fd
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!