アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。
FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所">【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
テクノロジー界隈における「ユニコーン」という言葉の意味をご存知でしょうか。
元々の意味は一角獣という伝説の動物のことを指しますが、その「誰もが一度は聞くけど、その姿を見た者はいない」動物の例えで、10億ドル(約1200億円)以上の評価額を得ている未上場企業のことをいいます。

2015年11月の時点で評価額10億ドルを超える企業は世界で141社までに急増しています。
その企業価値の総額は5000億ドル(約60兆円)にまで達する規模に。
世界を牽引するか企業を見てみましょう。

1.ウーバー(Uber)
言わずとしれたユニコーン企業の代表格がCEOのトラビス・カラニック氏が率いるウーバー・テクノロジーズです。
一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築しているサービスで、Uberのスマホアプリから目的地を選ぶだけで近くのUberドライバーが駆け付けてくれます。
料金はアプリ内で自動的に決済されます。
日本とは違いタクシーの使い勝手が良くない外国ではそのシンプルで便利な点が受け、2015年半期の売り上げはグローバル規模で500億ドルに及ぶほどの規模になっています。
車両オーナーに対しても「簡単な小遣い稼ぎ」ができる価値を提供しているUber、タクシーという切り口だけではなく”物流”という大きな市場における可能性も含んでおり、圧倒的な評価額を得ている注目の企業です。

2.シャオミ(Xiaomi)
格安ながらもおしゃれで高機能なスマートフォンを製造販売することで、急成長した中国を代表するスタートアップ企業です。
世界最速1兆円企業とも評されており、わずか4年でスマートフォンメーカーとして世界3位の売り上げを記録するなどそのファンを大切にするマーケティング戦略含め圧倒的な存在感をもつベンチャー企業です。
スマホ以外にもおしゃれで安価な様々な家電製品を生産、販売をしており、ユーザー中心を貫いているシャオミですが、2015年の1億台の販売目標が未達に終わっており、今後の成長に疑問符が打たれ始めている厳しい状況です。

3.エアビーアンドビー(Airbnb)
日本でも訪日観光客の受け入れ体制として民泊が認められつつありますが、その大きな流れを創りだしたのがこのAirbnbです。
空いている部屋を旅行者に貸すことができるこのサービス、ご存知の方も多いでしょう。
Uberに並ぶユニコーンのユニコーン、そしてシェアリングエコノミーサービスの代表格、今では192カ国の34,000の都市で80万以上の宿が提供されており、2015年11月現在6,000万人以上の旅行者に活用されています。
「暮らすように旅しよう」がコンセプト。ホテルよりも安く、そしてユニークな宿が探せるだけでなく、旅行者や地元の人とのコミュニケーションがとれるのも魅力です。

4.パランティア・テクノロジーズ(Palantir Technologies)
Facebookの最初の投資家でもあり、Paypalの共同設立者でもあるピーター・ティール氏が会長を務めるのがこのパランティア、顧客にはFBI、CIA、ニューヨーク市警などの行政機関から、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン、IBMなどの民間の超有名企業などをもつユニーク企業です。
そのサービスはデータマイニングを行うソフトウェアの販売やコンサルティングサービスの提供です。
世の中にあるありとあらゆる情報を収集して分析し、顧客に役立つビジュアルマップやチャートを作り上げます。
例えばあのウサマ・ビンラディンの居場所を突き止めるのにもパランティアが一役買ったと言われており、ビッグデータソリューションを代表する企業の一つです。
なんと導入コストは約1億円!
その提供するテクノロジーのクオリティ対価としては決して安くないとのこと… 今後より緊張していく世の中、同社はさらに多くの引き合いを得ることになるでしょう。

5.美団ー大衆点評(Meituan-Dianping)
2つの中国を代表するO2O企業が合併してできた超巨大企業がこちらです。
グルーポンと似た中国のクーポン共同購入サイトの美団、そして中国版Yelpと言われる飲食店の口コミサイトの大衆点評、この2社が2015年10月に合併してできたのが、この美団ー大衆点評という企業です。
それぞれアリババ、テンセントの傘下となっており、ライバルでもあり中国を代表する2大企業が手を組んだ珍しい案件といえるでしょう。
この美団ー大衆点評、2016年1月には33億ドルもの資金調達も行っており、その圧倒的な地位をさらに独走していく姿勢が伺えます。
この33億ドル、未上場企業の資金調達額としては最高額だとか!やはり中国は規模がちがいますね。

6.フリップカート(Flipkart)
中国に続き、スタートアップ投資の盛り上がりが本格化しつつあるインターネット利用者数は世界3位インド。
同国を代表するスタートアップ企業のフリップカートは、インド最大級のEコマースサイトです。
まだまだ米国のAmazon、中国のアリババには及びませんが、世界でこの2つに最も近い位置にいる大きな成長の余地あるスタートアップといえるでしょう。
2015年のセールでは5日で350億円もの売上を上げるなど、インターネットが普及していくインドの成長とあわせて伸びしろが期待できるフリップカート、ライバルのスナップディール(Snapdeal)と合わせて注目です。

7.ディディ・クアイディ(滴滴快的:Didi Kuaidi)
中国のタクシー配車サービス大手2社「ディディダーチャ」と「クァイディダーチャ」がUberを迎え撃つために統合してできた企業がこのディディ・クアイディです。
アリババ出身の創業者によるこの中国のユニコーンはグローバルにおけるUberの最大のライバル企業といえるでしょう。
米国ではLyftという競合サービスがいますが、なんとこのリフトにディディ・クアイディが出資を行い協力関係を結ぶなど、中国、米国ともに熾烈な争いを繰り広げています。
中国でもタクシー問題は深刻ですからね…。

8.スペースX(SpaceX)
こちらもご存知の方が多いでしょう。次のスティーブ・ジョブズとも評されるスーパー起業家「イーロン・マスク」により2002年に設立されたロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送(商業軌道輸送サービス)を業務とする企業です。
スペースX一度打ち上げたロケットを再度着陸させ、回収しそれを再利用できるようにすることで「打ち上げコスト」を削減(従来の100分の1まで!)することを目的としており、これにより宇宙産業におけるイノベーションを狙っています。
世界中の宇宙機関が半ば諦めた構想を、なんと2015年12月22日の打ち上げ実験で成功させています。
何度も失敗を重ねての成功、ここから今後さらなる宇宙産業の発展が期待できるでしょう。
イーロン・マスクは他にも電気自動車のテスラモーターズのCEOのも務めるIT業界の超人です。

9.ウィワーク(WeWork)
個人的に最も気になっているスタートアップがこのウィワーク、起業家やフリーランサーにフィススペースを時間制で提供しているニューヨークを拠点とする企業です。
いわゆるコワーキングスペースと呼ばれるクリエイティブなオフィス空間を提供しており、場所を提供するだけでなく独自のソーシャルネットワークサービスも運営するなど、事業の初期段階の人々に焦点を当て入居者のコミュニティ作りにフォーカスしている点がウィワークをユニコーンにまで押し上げた理由でしょう。
世界中で毎月3〜5ヶ所のペースでウィワークのオフィススペースはオープンしているといいます。
入居するには決して安くはない家賃を払わなければそれをもってしても得る対価のある空間を提供しているといいます。

10.DJI(DJI Innovations)
世界規模で大変な盛り上がりと成長を見せているドローン市場、その個人向け市場において約6割ものシェアを誇るのが中国、深センに拠点を置くDJIです。
ハイクオリティの空撮が簡単にできる「ファントム」と呼ばれる機種により圧倒的な存在となりました。
ドローンのソフトウェアからハードまで全て自社内で開発をし、完成された作品を作り上げるその姿勢はまるでAppleを彷彿とさせます。
さまざまな用途に使われ、より私達の生活に密接なものになってくるドローン、それをもっと安全に、そして身近なものにする存在として世界中から大きな期待をされているドローン業界のリーディングカンパニーといえるでしょう。

11.ルファックス(Lufax)
「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」をインターネット上で結びつけるサービスをソーシャル・レンディングと言い表されますが、このルファックスは中国を代表とするソーシャルレンディング(融資仲介サービス)です。
米国では同様のサービスで、レンディング・クラブ(Lending Club)やプロスパー(Prosper)などの企業が急成長しておりますが、人口の多い中国におけるこのルファックスがより高い評価額を得ています。(中国には1500社以上のソーシャルレンディングがサービスがあるとのこと!)その最大手が2011年9月に設立されたこの陸金所(Lufax)で、1000万人以上のユーザー数を持っています。

12.ゼネフィッツ(Zenefits)
2013年に設立されたばかりのゼネフィッツは、給与から保険に至るまでを中小企業の人事が、簡単に業務管理ができるソフトウェアを提供してる急成長中の企業です。
面白いのがそのビジネスモデル、利用者へサービスを無料で提供する代わりに同サービス上でオススメされる保険や福利厚生などのサービス提供会社から紹介手数料を徴収するという仕組みになっています。
競合にはないそのユニークなビジネスモデルでサービス開始から2年で、同社の従業員数は1,000人超え。
全米48州の10,000以上の企業が導入しており、1兆円に及ぶ評価額を得ています。
日本でも同様の注目サービスとしてSmartHRというものがありますね。

13.セラノス(Theranos)
血液検査を「安く、痛みなく、手軽に速く」にし、かつあらゆる臨床検査を行える画期的な医療機器を開発して注目を浴びている企業がこのセラノスです。医療業界に革命をおこしうるこのデバイスもそうですが、その代表であるエリザベス・ホームズ氏もアメリカで大変な注目を集めている若手起業家の1人です。
19歳のときにスタンフォード大学を中退して同社を設立した彼女は弱冠31歳にして個人資産45億ドル(約5500億円、推計)と、世界でもっとも若い叩きあげの女性ビリオネアです。(スティーブ・ジョブズを意識してか黒いタートルネックをトレードマークとしている点もメディアが面白がってとりあげる理由の一つです。)
大きな注目を集めていた同社でしたが、2015年10月に米食品医薬品局(FDA)から未承認の医療機器を使用しているとの指摘をうけたり、この新しい医療機器による検査は信頼性にかけ、実際の検査では他社の機器を使用ているなどの報告があり、不正疑惑を一切に浴びている状態となっています。
ユニコーン企業への不安を大きく醸成させた要因の一つとも言われており、同社の今後の展開が注視されます。

14.クーパン(Coupang)
これまでアメリカ、中国、インドと大国ばかりでしたが、お隣韓国にもユニコーン企業は存在します。それがこのクーパンという韓国で最大規模のEコマースサイトを運営するForward Venturesです。
2010年8月に設立された企業であり、共同購入型クーポンモデルでサービスを開始し、アプリのダウンロード数は2015年の段階で2,500万を突破しており、韓国内で最大規模のアクティブユーザーを誇ります。
またアリババにおける投資実績があるソフトバンクが10億ドル(約1,240億円)を出資するなど、次なるアリババ、次なるAmazonとして期待が高まる新興企業です。シリコンバレー、シアトル、上海などにも拠点をもち、海外展開も積極的に行なう姿勢とのこと。

15.デリバリーヒーロー(Delivery Hero)
最後にご紹介するのはドイツを拠点とするデリバリーヒーローです。その名のとおり、近年シリコンバレーで注目を集めるフードデリバリーのスタートアップです。
Doordash、Deliveroo、さらにはUberやAmazonなど巨人も参入しつつある手強い競合がひしめくレッドオーシャンとも言える市場で1位のシェアをもっており、ヨーロッパ、中東、南米を中心として今や34カ国に展開しています。
2015年に上場を予定していたといいますが、2016年に延期をしたというニュースも、
日本でも出前館、ごちクル、bento.jpと注目を集めるこの分野、アメリカでも2014年ごろからベンチャーキャピタルの注目を浴びているホットな分野として知られます。

16.メルカリ(Mercari)
メルカリが84億円もの資金調達を行い日本初となるユニコーン企業の仲間入りを果たしました。
2016年の3月時点で日米合計で3200万ダウンロード、月間の流通額は国内で100億円超という規模になるなど、創業から約3年で文字通り急成長を果たしている日本を代表するスタートアップです。もはやサービス内容について説明の必要はないでしょう。
これまでの資金調達額は合計126億円に及んでいる一方、すでに黒字化もしており(流通額の10%が同社の売上)、世界中で使われるサービスとして着実に前進しています。
BASEへの出資や新サービス「メルカリアッテ」のリリースなどの展開も進めつつ、さらに米国への進出を本格化していくとのことで、これからが楽しみでなりません。

これらの企業から、世界を牽引する企業が誕生するんでしょうかね。
黒字になっている企業が少ないようですけどね。
アメリカの株式市場の上場してくれれば、私が投資することになるんですけどね。

やはりネットを活用した企業が多いようです。
時代の流れでしょうかね。
楽しみな企業がたくさんあるのは羨ましいですよね。

日本では、DMMとLINEとメルカリぐらいでしょうか。
他にも誕生して欲しいですがね。
無理な願いでしょうか。

今回も引き続き予想していただこうと思います。
予想していただくのは、経済と投資ブログをやっておりますので、個別銘柄。
現在私が執筆しております、ゆったり犬のお勧め商品「ゆったり犬のセレクトショップ」経済と投資ブログの「都会で稼いで、田舎で使う」と株投資判断格付けをやっている「ブルとベアーの株投資判断格付け研究所」と株投資判断格付けをやっているホームページ「株投資判断格付け研究所」と株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」と新興株を株投資判断格付けをやっております「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」と話題の銘柄を分析する「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」を執筆しておりますので、個別株予想をやっていただこうと思います。

やり方は、株投資判断格付けをやっている「ブルとベアーの株投資判断格付け研究所」と株投資判断格付けをやっているホームページ「株投資判断格付け研究所」と株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」と新興株を株投資判断格付けをやっております「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」と話題の銘柄を分析する「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」で執筆しました最新株投資判断格付け銘柄の値上がり率が一番高い銘柄を予想していただきます。

月曜の終値をスタートとしまして、金曜日の終値で算出します。
分かりやすく書くと、月曜日に購入して一番儲かった銘柄を予想していただく企画です。
気軽にやっていただけましたらと思います。

それでは、出走銘柄を紹介しましょう。
ウエルシアホールディングス (3141)
トヨタ紡織 (3116)
三越伊勢丹ホールディングス (3099)
スタートトゥデイ (3092)
マツモトキヨシホールディングス (3088)
J.フロント リテイリング (3086)
MonotaRO (3064)
ヒューリック (3003)
日本たばこ産業 (2914)
日清食品ホールディングス (2897)


気軽に予想していただけましたらと思います。

皆さんの予想を聞きたいとの同時に、私の読者を調べたいと考え作成しました。
年齢と性別と出身地を調べたいと思い作成を。
データーを取り、今後のブログの執筆に活かせればと考えております。

ご協力よろしくお願いたします。
個人的には女性も読んでいただいているブログだとわかり、非常に安心しました。
私のツイッターのフォロワーは、84%が男性です。


それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」 ゆったり犬お勧めクレジットカード ゆったり犬お勧め海外旅行用クレジットカード
2016/07/06 23:45 世界の時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/2388-a02475e4
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!