FC2ブログ
アメリカETFを用いて、資産運用を考え、田舎で快適な生活を目標とする。
ゆったり犬が専属コラムニストに
問い合わせメールフォーム
『広告募集中で広告掲載が可能です』 同時に『ゆったり犬の出張お金講座受付中』 出張ご依頼、その他ご依頼 どしどしお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

何かございましたら、気軽にメールをいただけましたらと思います。
プロフィール

ゆったり犬

Author:ゆったり犬
都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。
アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。
人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。

FC2おすすめブログから認定
FC2お勧めブログ
ゆったり犬メディアにも登場



ゆったり犬のメールマガジン
ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所で取り扱わない新興株を株投資判断分析を行います。 たくさんの登録お待ちしております。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所と株投資判断格付け研究所とブルとベアーの株投資判断格付け研究所とゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所では、順番に私が番号を決めて随時株投資判断格付けを行っております。 しかしながら、それではカバーできない銘柄がございます。 それは、話題の銘柄でです。 情報漏洩や役員などの横領や粉飾決算等の企業のマイナス要因。 企業買収などのM&Aなどのプラス要因。 その今話題の銘柄を優先的に分析します。
ゆったり犬の有料メールマガジン
【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所
メールアドレスを登録するだけで、ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所より株投資判断格付けのメールが届きます。 以前からリクエストを頂いておりました計画を始動。日本株とアメリカ株の比較検討が可能に。たくさんの登録お待ちしております。
緊急連絡用
ツイッターのボタンを設置します。
ブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキング
よろしければ押してください。
FC2ブログランキング
押していただければ、うれしい限りです
ブログでお小遣い
お勧めⅠ 忍者AdMax 忍者AdMax
お勧めⅡ アドアド

お勧めⅢ オレンジトラフィック
無料アクセスアップ オレンジトラフィック お勧めⅣ トラフィックエクスチェンジ

ファイナルキャッシュバック
FXRoyalCashBack
CASHBACK-Victory
ポイントサイトでお小遣い
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉

GetMoney!

カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
非常に上場企業が多いイメージの強いアメリカですが、アメリカの上場企業は7000以上から3600に半減した。
日本と同じぐらいの上場数です。
3,600社が上場。

アメリカでは毎月543,000社が設立されていたが、にも関わらず企業数は減少。
日本の起業件数は調査によって異なるが年間約20万件(中小企業庁)と、アメリカとは桁が3つくらい違う。
だけど上場企業数だけを見ると日本とアメリカでは変わらない。

この情報だけ見ると、アメリカの企業がいかに潰れてるように思えるが、私はそうは考えない。
別に上場だけが出口ではないわけです。
買収されれば、上場する必要はなく、資金回収は可能となる。

日本と違いアメリカは企業買収が活発で、大手企業が新興の企業を買うのは別に珍しい話ではない。
メルカリの話を書きましたが、日本では資金回収は上場による資金回収が多いようです。
アメリカの新興企業をざっと挙げるとマイクロソフト、グーグル、アマゾン、アップル、フェイスブックの5大IT起業が知られている。

フェイスブックは2004年起業で アマゾンは1994年、グーグルは1998年でFBを除くと古参企業と言って良いです。
もっと新しいのはスペースX(テスラ)、Airbnb(エアビーアンドビー)、ウーバーとかがあるが新興企業も確実に減少している。
目立ちませんが、アメリカの企業は面白い企業が多いと思います。

四半世紀にわたりベンチマークを大幅に上回る投資リターンを上げている「フィデリティ・ロープライスド・ストック・ファンド」だが、運用担当のジョエル・ティリングハスト氏は銘柄選定がますます難しくなっていると言う。
投資対象となる銘柄が減っているのだ。
上場企業が減っているからだ。

米上場企業数は合併・買収(M&A)の影響や新規株式公開(IPO)の減少により、1996年の8000社余りから2016年には約4400社に減った。
小型株運用を専門とするティリングハスト氏は、「勝者総取りの独占・寡占的市場という特徴が強まっている」と指摘し、米経済の性質が変わりポートフォリオマネジャーとしての自身の仕事が一段と厳しくなっていると語った。
「ベンチマークとしているラッセル2000指数の構成銘柄では、勝ち組より負け組の方が多い」らしい。

フィデリティ・ロープライスド(運用資産380億ドル=約4兆2000億円)の8月末までの25年間のリターンは年プラス13%。
ラッセル2000指数は年プラス9.7%。
上場企業数では日本の方が選択肢が多い。

親子上場多い日本。
ソフトバンクも電話会社を上場させるそうです。
親子上場の出来上がり。

アメリカでは考えられない話です。
親子上場をくっつけると、日本の上場企業数は減るでしょうね。
一概に日本企業の上場企業数がアメリカの上場企業数が多いとは言い切れないですね。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト


楽しんでいいただけましたら、ブログランキングとブログ村をクリックして頂けましたらと思います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」
無料登録アフィリなのに継続報酬!?
アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?
2018/09/23 23:44 世界の時事 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yuttari264.blog130.fc2.com/tb.php/3226-684f3308
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
無料登録アフィリで発生する継続収入に興味はありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック アメリカで数千万稼ぐアフィリエイターがやっている方法とは?その詳細はコチラをクリック!